小宅 一彰

小宅一彰
教員氏名 小宅一彰
職名 助教
所属

理学療法学専攻

経歴

山形県立保健医療大学卒業(理学療法士)
信州大学大学院博士後期課程修了(博士・保健学)
回復期病院勤務、日本学術振興会特別研究員、国際医療福祉大学教員を経て2019年より現職

研究者総覧(SOAR)を見る

脳卒中患者の活動的な生活を支援できる
リハビリテーション戦略の開発を目指して

脳卒中患者に対するリハビリテーションでは、日常生活活動の再獲得に向けた十分な身体活動が求められます。一方で、十分な活動量を確保できないと、治療効果が得られないだけでなく、運動不足による二次的な身体の衰えが進行してしまいます。私は理学療法士としての臨床経験から、脳卒中患者の身体活動を制限する問題として、「疲労」や「リハビリテーション意欲の低下」に着目しました。疲労ついては、運動中の呼吸・循環・代謝応答や自律神経機能の解析から、疲労の原因解明と治療方法の開発を目指した研究を進めています。また、リハビリテーション意欲については、教育工学を応用して効果的な動機づけ方略を開発する研究を行っています。

運動中の呼吸・循環・代謝応答を評価する運動負荷試験
研究から広がる未来

脳卒中は介護が必要な状態となる原因の一つであり、脳卒中患者の介護予防は本邦において喫緊の課題となっています。  私たちの研究の成果は、脳卒中患者に対する新しいリハビリテーション戦略の開発に向けた学術的基盤として、臨床応用により患者の利益となるだけでなく、リハビリテーション医療の発展、さらには介護問題の解決など、関連分野や社会への幅広い波及効果が期待できます。

心拍変動の測定による自律神経機能の評価
卒業後の未来像
理学療法士の活躍の場は、医療や福祉にとどまらず、スポーツ、国際活動、行政、研究教育など様々な分野に拡大しています。「理学療法学」という学問を学んだ人間として、どのように社会貢献していくか。幅広い視野で、考えていきましょう。
医療従事者を対象としたアンケート調査