横川 吉晴

横川 吉晴
教員氏名 横川 吉晴
職名 准教授
所属 理学療法学専攻
経歴 1990年理学療法士免許取得 市立大町総合病院勤務
2000年3月信州大学大学院医学研究科博士課程修了
2003年信州大学医学部保健学科勤務

研究者総覧(SOAR)を見る

高齢期の活動能力を維持するためのプログラムを開発する

年を重ねてくると、健康で暮らすことは一層大切なこととなります。治療の必要なひとから地域で自立したひとまで、すべての高齢者にとって、身の回りのことを一人でできることは重要な意味を持ち、日常生活を実行できる能力に関連する要因は研究対象となります。専門は老年学。これまで高齢者の健康増進行動に対する「遂行感尺度」の開発、活動能力に影響する要因、転倒や運動機能低下を予防するための介入、転倒と関連する二重課題歩行能力の測定方法の開発とその介入を行ってきました。現在、長野県内の長寿地域で自立した高齢者に関連する生活習慣や心理社会的要因をフィールドワークを通じて明らかにしようと活動しています。
説明会.JPG
運動機能測定結果説明会
研究から広がる未来
人は誰もが年をとります。高齢者の様々な側面を研究することは、自分の未来をよりよくするための活動につながると思います。健康状態と身体的・心理的・社会的要因との関連を詳らかにしてゆくことは、どのように人は変わってゆくのか、または変わることができるのかという道標を積み重ねることです。日本の高齢者は体力的に若返っているといいますが、その資源をどのように活用したらよいのか、地域とつながりながら考えてゆきたいと思います。
運動教室指導.JPG
地域での運動教室指導
卒業後の未来像
高齢者の特徴を理解して、課題を解決するための分析方法を身につけた医療・保健の専門家(理学療法士など)となってゆくことを期待しています。特に在宅で療養する高齢者、一次予防活動を必要とする高齢者に関わる能力を高めてもらいたいと思います。
速度測定.JPG
二重課題歩行速度測定