石田 史織

石田 史織
教員氏名 石田 史織
職名 助教
所属 看護学専攻
経歴 弘前大学医学部保健学科看護学専攻卒業
信州大学医学系研究科修士課程修了(医科学修士)
長野県佐久穂町保健師、長野県保健師として勤務
2013年広域看護領域助教に着任

研究者総覧(SOAR)を見る

こどもの笑顔を支えるために
家族の「育児」と「育自」を応援する

乳幼児期は「人」のこころや身体の基盤をつくる大切な時期です。この時期の親や家族の関わりはとても重要で、子どもだけでなく親も人間的に成長が必要となる時期でもあります。
しかし、近年増加している乳幼児虐待の背景には、育児に自信がなく不安を抱え込むなどの育児力の未熟さや、家族で育児に取り組めず負担が偏っている状況、障がいや病気によって育てにくさを持つお子さんの育児等が複雑に関連します。そこで、育てにくさを持つお子さんのお父さんの育児をテーマとして、実際の育児状況や心情・意識、家族内や社会との関係性を調査することで支援ニーズの明確化や親になった後のライフプラン設計などの提案を目指しています。
赤ちゃんの「発育」をみるための技術を学ぶ演習の風景.JPG
赤ちゃんの「発育」をみるための技術を学ぶ演習の風景
研究から広がる未来
「育てにくさ」をもつ発達障がいのお子さんの育児を切り口に、育児をするすべてのご家族に汎用できるような育児支援を提案します。
また、育児をとおしてご両親自身も成長し、家族全員が笑顔でそれぞれの人生を楽しめる力を養えるよう応援します。
そして、お子さんと家族とって大切な時期を充実して過ごしてもらうため虐待予防も視野に入れ、社会的支援の実施につなげます。
家族の笑顔は子どもこころの成長に不可欠.JPG
家族の笑顔は子どもこころの成長に不可欠
卒業後の未来像
地域で暮らす人々の生活に入り込み、赤ちゃんからお年寄りまで全ての住民の健康な暮らしを「予防」の観点から支える立役者「保健師」として将来活躍する人を目指せます!「保健師」は、保健所・市町村保健センター・企業など病院とは異なる場で活躍します!
当事者の声を聞くためにアンケートや面接調査を行う
.JPG
当事者の声を聞くためにアンケートや面接調査を行う