齋藤 直人

齋藤 直人
教員氏名 齋藤 直人
職名 教授
所属 理学療法学専攻
経歴 1988年信州大学医学部医学科卒業
1996年博士(医学)取得
2014年先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所所長兼任

研究者総覧(SOAR)を見る

革新的生体材料の開発により世界の医療を信州から変える

バイオテクノロジー、生体医工学を専門とし、日本発世界初の生体材料・医療機器開発を目指しています。
ナノカーボンの生体材料応用:ナノカーボンの特異な生体反応を解明・活用・制御し、DDSなどの革新的な生体材料を創製します。
骨組織再生の足場材料:新しい機能を持ったチタンファイバープレートの開発等により医療に貢献します。
新規人工関節・脊椎固定インプラント開発:骨と同じ弾性率、高い骨親和性、生体内で長期に壊れにくい生体材料開発を目指しています。
サイボーグプロジェクト:歩行アシストロボットを体内に埋め込む、近未来を見据えた夢のある研究です。
人工関節.JPG
カーボンナノチューブ含有人工関節のイメージ
研究から広がる未来
超高齢化社会において、新しい医薬品・医療機器を開発することは、患者さんの身体的負担の軽減と生活の質の向上に貢献し、高騰する医療費を削減することが出来ます。癌の骨転移治療のためのDDSや、新しい人工関節の開発は臨床応用が近い研究です。一方、サイボーグプロジェクトは20年先の実用化を目指しています。多彩な研究に取り組むことにより、現在から未来まで、多くの医学的課題を解決していきます。
CNH.JPG
抗癌剤とモノクローナル抗体を担持したCNH
卒業後の未来像
大学院で学び、医工連携・産学連携の異分野融合研究を実践することによって、優れた実行力・理解力・解決力を持った研究者になることができます。卒業後は、大学・医療機関・医療機器開発企業などで世界的に活躍する人材の育成を目指します。
チタンファイバープレート.JPGチタンファイバープレート