佐藤 正彬

佐藤 正彬
教員氏名 佐藤 正彬
職名 助教
所属 作業療法学専攻
経歴 信州大学医学部保健学科を卒業
上伊那生協病院、信州大学医学部附属病院での勤務を経て、2016年4月より現職
現在は信州大学大学院医学系研究科博士前期課程2年

研究者総覧(SOAR)を見る

心不全患者の認知機能障害ー病態の解明と新たな作業療法介入ー

心疾患は日本人の死因別死亡率の第2位を占めています。心不全は心疾患の終末像とも呼ばれ、今後も患者数は増加の一途をたどり、2035年までに130万人に達すると言われています。心不全患者の最大80%が認知機能障害を合併することが海外の研究で報告されており、近年、心不全患者の認知機能障害が着目されつつあります。認知機能障害を合併する心不全患者は、薬の管理を自分で行うことができないなど、自身での体調管理が困難になる場合が多く、病状を悪化させる原因の一つとなります。佐藤研究室では、現在までに詳細が明らかにされていない心不全患者の認知機能障害の病態を明らかにし、心不全患者に対する新たな作業療法介入の開発を目指していきたいと考えています。
新たな作業療法介入の確立
.JPG
心不全患者に合併する認知機能障害の病態メカニズムを明らかにし、心不全患者に対する新たな作業療法介入の確立を目指す。
研究から広がる未来
リハビリテーションの対象となる心疾患の患者さんは増加傾向にあり、作業療法士も心臓リハビリテーションチームの一員として役割を果たしていくことが求められています。心不全に合併する認知機能障害の病態を解明することで、予防的介入や治療的介入の開発に貢献することができます。臨床では心疾患の患者さんの身体機能障害だけでなく、精神や認知機能の障害を捉えた生活支援を展開することができます。
作業療法の様子.JPG 心疾患に対する研究チーム.JPG
信州大学医学部附属病院の療法士と協力し、多職種で構成されるチームで心疾患の患者さんに対する臨床や研究を行っている。
(図)上:作業療法の様子
下:心疾患に対する研究チーム
卒業後の未来像
作業療法士は医療機関から地域・行政など幅広い分野で活躍しています。どの分野においても、日頃から疑問を持ち、それを解決していくプロセスが重要です。患者さんの生活を幸せなものにするために、自身の努力を惜しまない職業人を目指していきましょう。