青木 薫

青木 薫
教員氏名 青木 薫
職名 准教授
所属 理学療法学専攻
経歴 信州大学医学部医学科卒業
同大学院医学系研究科博士課程修了
日本整形外科学会専門医
信州大学医学部附属病院リハビリテーション部
2015年保健学科着任

研究者総覧(SOAR)を見る

新規生体材料の開発・評価と骨軟部腫瘍の解析

整形外科では関節や骨の疾患に対して、人工関節や人工骨、骨固定材料を用いて治療を行います。治療のためにヒトの体に手術で埋め込む素材を生体材料と言います。さらに安全性、治療効果、耐久性に優れた生体材料を開発するため、工学部、繊維学部、医療機器メーカーなどと協力して作成した材料の生体安全性評価を行っています。
また、整形外科医として主に骨軟部腫瘍(「骨肉腫」(骨にできるがん)など)の治療にも従事しています。骨軟部腫瘍についてその治療成績、手術切除範囲、手術後のリハビリテーション・機能、腫瘍切除後の再建方法、骨軟部腫瘍のための「がん教育」についての臨床研究も行っています。
ウサギの大腿骨内に埋め込んだカーボンナノチューブ.JPG
ウサギの大腿骨内に埋め込んだカーボンナノチューブ複合アルミナセラミックスの組織像(1年半) 骨内に有害反応なく納まっている。
術後の患者.JPG
右肩の悪性軟部腫瘍の術後の患者さん。傷は良好に治っているが、腕の挙上制限が残っている。
パンフレット.JPG
肉腫について、子供たちにも分かりやすいようにマンガを用いた肉腫を紹介するパンフレットを作成中。
研究から広がる未来

人工関節手術や脊椎固定術などを行った患者が、年齢を重ねた際に生体材料の寿命が先に来てしまうと患者の活動性が低下したり、危険の高い入れ直しの手術が必要となります。高機能な新規生体材料の開発により、健康寿命の延長につながることが期待されます。
骨軟部腫瘍の治療においても、患者の命を救うことは当然として、その治療後の日常生活機能が維持できることを目指しています。

卒業後の未来像

当専攻では卒業時に国家試験に合格すると理学療法士の資格を取得することができ、病院、診療所、施設などで働くことができます。卒業後、大学院に進学してさらに深い研究を行い、医療の発展に貢献していただきたいと思っています。