上原 文恵

uehara.jpg
教員氏名 上原 文恵
職名 助教
所属 看護学専攻
経歴 日本赤十字北海道看護大学卒業
信州大学大学院医学系研究科保健学専攻博士前期課程修了
松本短期大学看護学科非常勤助手を経て、2015年医学部保健学科に着任

研究者総覧(SOAR)を見る

看護の基本を学習する
患者さんの生活の質向上を目指して

みなさんも、病院で採血を受けたり、血圧を測ってもらった経験があるのではないでしょうか。
基礎看護学では、看護師が行う医療行為や日常生活援助の基本を学びます。患者さんは入院することにより、家とは違う環境で生活することになります。患者さんが、病気を持ちながらも、自分らしく生活していけるような看護を考えましょう。
興味がある研究分野は、糖尿病患者さんのフットケアです。大学院では、糖尿病合併症である足病変の予防的フットケアについて研究しました。その他にも、訪問看護の現場で男性看護師が働きやすくなるための研究も行っています。
採血演習前の実習室の様子腕モデルを使って採血の練習をする
.JPG
採血演習前の実習室の様子
腕モデルを使って採血の練習をする
研究から広がる未来
糖尿病と診断されても、食事や運動といった生活習慣を見直しながら治療を受けることで、重症化を防ぐことができます。
患者さんが足の自己管理を行うことによって、糖尿病足病変を予防することもできます。
患者さんが糖尿病と上手く付き合いながら、生活の中で自分らしくいられるような手助けができる研究を行っていきたいです。
足をお湯につけている.JPG
足をお湯につけている
卒業後の未来像
私は、看護の基本は「人を思いやる気持ち」だと考えます。大学生活の中で、多くの人と出会い、様々な経験をしてください。多くの経験から、人を思いやる気持ちが育ち、患者さんの気持ちに寄り添える看護師になれることを期待しております。
血圧を測定している.JPG
血圧を測定している