務台 均

務台 均
教員氏名 務台 均
職名 准教授
所属 作業療法学専攻
経歴 信州大学(保健学)博士取得 信州大学助手を経て、2016年より現職。専門は身体障害系の作業療法。
特に、脳卒中患者の精神機能や日常生活の支援に関する研究を行っている。

研究者総覧(SOAR)を見る

からだに障害があっても自分らしく生きていく方法を考えていく

脳卒中や筋萎縮性側索硬化症といった脳や神経が侵される病気になると、手足が麻痺したり、筋肉が徐々に動かなくなるため、今まで当たり前にできていた生活がうまくできなくなります。私たちの研究室では、そのような人たちが再び生活を再構築していくよりよい方法について研究しています。
①日常生活の動作を計測機器を用いて解析し、少ない力でも効率よく行える動作や福祉用具・居住環境について検討する。
②腕や指に生じた麻痺をより回復させるための、反復経頭蓋磁気刺激法や末梢電気刺激と作業療法を併用させた治療方法の効果を検証する。
③体が動かなくなっても視線だけでコンピューターに文字が入力できる装置の性能の検証や患者への適応などです。
起き上がり動作.JPG
箸動作.JPG
①日常生活の動作の解析
起き上がり動作(上)や箸動作(下)の筋肉や関節の動きを計測機器を用いて解析している
研究から広がる未来
私たちの研究によって、からだに障害を持った人たちが、生活しやすい動作や居住環境を獲得することができるようになったり、より手足の麻痺を回復させることができるようになったり、便利な道具をうまく使いこなしてコミュニケーションがし易くなったりします。そして、今よりもっと、その人らしく、より楽しく、生き生きとした生活が過ごせるような支援を創造していきます。
反復経頭蓋磁気刺激装置.JPG
②反復経頭蓋磁気刺激装置
左上方のコイルから脳に磁気刺激を与えてから手や腕のリハビリを実施する
卒業後の未来像
卒業生の多くは病院や施設の作業療法士として、患者の生活の再獲得や社会復帰を支援する仕事に携わっています。また、大学院に進学し、最先端医療や作業療法の研究を行っている卒業生もいます。作業療法士として働きながらの社会人大学院生も可能です。
視線入力装置.JPG
③視線入力装置
文字をみつめるだけでコンピューターに文字が入力できる装置