佐賀里 昭

佐賀里 昭
教員氏名 佐賀里 昭
職名 講師
所属 作業療法学専攻
経歴 2016年、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻リハビリテーション科学講座地域リハビリテーション学分野修了(医学博士・作業療法士)
2016年、本校に着任

研究者総覧(SOAR)を見る

変幻自在な作業療法の有効性を示すためのトランスレーションリサーチ

近年、神経科学の発展により作業療法分野においても様々な神経リハビリテーションが開発されています。佐賀里研究室では、主に近赤外分光法などの脳機能イメージング装置を用いた作業療法研究を行っています。作業療法では、生活行為そのものがセラピーになるのですが、これらの装置を使用すると生活行為中の脳活動をタイムリーに可視化することができます。最近では、認知機能維持向上のための上肢版の運動プログラムの開発や模擬運転装置を用いた危険予測時の反応について研究しています。人が活動している最中の生体反応指標を用いて効果的なリハビリテーション・作業療法の開発をしたいと考えています。
近赤外分光法を用いた実験のイメージ
.JPG
近赤外分光法を用いた実験のイメージ
研究から広がる未来
作業療法を実施している最中の生体反応を客観的に捉えることで、作業療法の効果を示すことができます。一般に基礎的研究は応用されるまでに時間がかかるといわれていますが、私自身が作業療法士であり、実践するフィールドを有するため、変換する時間をあまり要しません。基礎的研究と臨床作業療法をつなぐトランスレーションリサーチによって作業療法の可能性を飛躍させることができると考えています。
リワークプログラム参加者の成果発表会.JPG
前頭前野の賦活によって認知機能の維持向上を狙った拮抗体操
卒業後の未来像
作業療法にはMeaningful Occupation(意味のある作業)という言葉があります。自身にとって価値のある作業を通して幸せになることは行動学的に理解されていることですが、それを生体反応指標を用いて客観的に示すことができる作業療法士の育成を目指します。
開発中のスクエアリーチ.JPG
開発中のスクエアリーチ(認知機能維持向上を狙いとした上肢版の運動プログラムの開発)