メインコンテンツへ移動

メニュー
閉じる
閉じる

信州大学動画チャンネル

  1. 信州大学動画チャンネル

信州大学動画チャンネルは、信州大学の特色ある教育・研究情報やその他たくさんの魅力を国内外に広く紹介するために設置したものです。信州大学の教職員・学生がどんどん投稿していきますので、今後の動画掲載もどうぞご期待ください!

新着動画NEW MOVIES
  • 【信州大学医学部附属病院 整形外科】世界最先端ナビゲーションシステムによる当科脊椎手術のさらなる進化

    【信州大学医学部附属病院 整形外科】世界最先端ナビゲーションシステムによる当科脊椎手術のさらなる進化

    2018年10月9日(火)

     2018年5月、信州大学医学部附属病院の包括先進医療棟にハイブリッド手術室を導入しました。血管造影撮影装置"ARTIS pheno"と自動レジストレーションが可能なナビゲーションシステム"Curve TM"を連動させた、ハイブリッドナビゲーション手術室は国内初となります。1996年に日本で初めてナビゲーションシステムを脊椎手術に導入して以来、当院整形外科はナビゲーション支援脊椎手術分野において日本をリードしてきました。今回のハイブリッドナビゲーション手術室の導入で、ナビゲーションに必須であったレジストレーションが不要となり挿入スクリューの位置確認・修正が即座に可能で、難易度の高い脊椎手術を、さらに安全に低侵襲に提供できるようになりました。

    動画を見る
  • 特許紹介映像シリーズvol.4 再生医療などに役立つ新技術!「シルクナノファイバー」

    特許紹介映像シリーズvol.4 再生医療などに役立つ新技術!「シルクナノファイバー」

    2018年9月27日(木)

    信州大学の研究シーズを技術移転する信州TLOが、特許技術の「見える化」で映像制作したシリーズの第4弾。

    玉田 靖学術研究院(繊維学系)教授が開発した「シルクナノファイバー」。
    天然資源を用いた、人にも環境にもやさしい再生医療用材料として期待されています。
    シルクとナノファイバー研究の融合という、繊維学部ならではの深い造詣から生まれた再生医療の未来を支える技術です。

    動画を見る
  • 信州の花き栽培農家をサポート!(平成30年度放送公開講座 第6回)

    信州の花き栽培農家をサポート!(平成30年度放送公開講座 第6回)

    2018年9月27日(木)

    平成30年9月2日(日)15:00~15:30放送

    花の栽培農家は、市場への安定供給、所得の向上、季節を問わない安定した雇用など、多くの課題を抱えている。
    課題解決に向けて、信大農学部の北村教授は、「アジサイ」に目をつけ研究中だ。農家の未来を考えながらすすめる最新の研究を学ぶ。

    動画を見る
  • 信州人をもっと健康に!(平成30年度放送公開講座 第5回)

    信州人をもっと健康に!(平成30年度放送公開講座 第5回)

    2018年9月27日(木)

    平成30年9月1日(土)15:00~15:30放送

    医学部保健学科では、地元のこどもたちを対象に健康診断を実施。
    生活習慣病のサインとなる数値を調べるとともに、病気の予防や食生活の改善を学ぶ取り組みを行っている。
    より分かりやすく学ぶための教材として「食育カード」を開発中。
    番組では、食と健康の大切さを学びながら工学部と共同で開発が進む食育教材を紹介する。

    動画を見る
  • 世界を変える信州のものづくり!(平成30年度放送公開講座 第4回)

    世界を変える信州のものづくり!(平成30年度放送公開講座 第4回)

    2018年9月27日(木)

    平成30年8月26日(日)放送15:00~15:30

    乗り物の電気化が進む中、信州大学工学部の曽根原誠准教授は、光で電流を計測する機器の開発に力を入れている。
    車でも、どこでどれだけの電流が流れているかを調べることで、効率よく電気を流し、「燃費」をあげることが可能になるという。
    重要な課題が「機械の小型化」。どこにでも取り付けられるコンパクトさ、そして乗り物の燃費を下げないための軽さを追求している。
    「光」の可能性に着目し、開発に取り組む先生と学生の活動を振り返る。

    動画を見る
  • 信州で広がる自然エネルギーの輪!(平成30年度放送公開講座 第3回)

    信州で広がる自然エネルギーの輪!(平成30年度放送公開講座 第3回)

    2018年9月20日(木)

    平成30年8月25日(土)15:00~15:30放送

    NPO法人「上田市民エネルギー」が行う太陽光発電の取り組み「相乗りくん」。
    自宅の屋根を貸す屋根オーナーと、パネル設置費を負担するパネルオーナーが売電収入をシェアするという仕組みだ。
    全国的にも珍しい取り組みで、まだ認知度が低いのが現状。
    そこで、信州大学は市民への意識調査を行い、今後の展開方法を考察するという独自のアプローチをはじめた。
    インタビューを交えながらその活動と調査結果を振り返る。

    動画を見る
Youtube 信大公式チャンネル