ホーム >

全学横断特別教育プログラム

全学横断特別教育プログラム

本プログラムは、意欲のある学生が、自らの専門領域学部等での学修に加えて、専門分野を超えた知や分析視点を獲得し、学術に対する深い理解と経験を養うための学習機会を提供するものです。平成29年度より信州大学独自の履修認定制度として新たに開設しました。学士課程の学生を対象とし、継続的に実践学習・実践活動等によって地域・国際社会の課題を実感するとともに、様々な人の繋がりを構築し、持続可能な発展や経済・社会と関連する環境分野、地域社会やグローバル社会の未来を創造するための知識、品格、実践力を持った高度キャリア人材の育成を目指します。

ローカル・イノベーター養成コース

地域社会の現場ローカルが抱える問題を的確に分析し、革新的イノベイティブな解決策を考え、実践するための力を身に付けるコースです。新しいことに取り組む企業や行政からお招きする一流のイノベーター人材による指導、地域の現場での課題解決の実践をおこないます。
詳しくはこちら

グローバルコア人材養成コース

本コースでは、海外・国内におけるグローバル環境で、組織のコア人材として活躍できる素養、能力、教養を身につけ、主体的に協働できる人材を育成します。主に1年次生向けのBASICコースと、高年次生向けのADVANCEDコースがあり、海外研修への参加が必須となります。
詳しくはこちら

環境マインド実践⼈材養成コース

本コースは、環境分野の幅広い課題の基礎知識を身につけ、特に国際社会の共通の目標であるSDGsや、持続可能な循環共生型の社会構築を意識して、課題解決の考え方を学びます。実社会での環境分野の課題・取組内容を企業や自治体などの実務者から直接学ぶ機会や実習・演習を含みます。
詳しくはこちら

▲ページの先頭へ