ホーム > トピックス一覧 >

トピックス詳細

トピックス

サイバーセキュリティ分野で産学連携!企業とのクロスアポイントメント契約を締結

18年01月05日

 平成29年12月28日、信州大学と(株)電算(本社長野県長野市)は、サイバーセキュリティ分野でのクロスアポイントメント制度(※)に関する契約を締結しました。

 今後、同社と連携して学内の高度サイバー攻撃に対する体制を強化し、セキュリティレベルの更なる向上を図ってまいりますが、平成30年1月からは、信州大学総合情報センターにおいて、サイバーセキュリティ分野の准教授として同社社員に勤務いただきます。同准教授は、信州大学と電算のそれぞれに在籍、本学においてはサイバーセキュリティに関する動向の収集・分析、セキュリティ対策の企画・立案、技術支援等を行っていただく予定です。

 

(※)「クロスアポイントメント制度」とは、大学、公的研究機関、企業の中で、二つ以上の機関に雇用されつつ、それぞれの機関における役割に応じて研究・開発及び教育に従事することを可能にする制度です。