メインコンテンツへ移動

メニュー
閉じる
閉じる

PLAN the N・E・X・T
3つのGとLで実現する信州「独創の知」

PLAN the N・E・X・T 2019-2021 策定にあたって

 第3期中期目標では、特色ある教育・研究のグローバル展開、創造性豊かな人材育成、地域・社会発展への寄与を持続的・戦略的に行うため、6つのキーワード(3つのGと3つのL)を設け、大学運営の基本方針を定めております。それぞれのキーワードの意味は3ページに詳しく示しましたが、3つの「G」は、Green、Global、Gentleで、緑に囲まれた自然環境豊かな信州で環境マインドを持ち、グローバル展開できる能力を有し、気品高く落ち着いて物事を考える人材を育成するという思いを込めています。3つの「L」は、Local、Literacy、Linkageの3つで、地域貢献のための様々な取組を戦略的に行い、様々な教養が身につく教育プログラムを提供するだけでなく研究を通して次世代の教養を構築し、大学間連携、産学官連携、地域連携等様々な連携を強化していくという思いを込めております。

 2016年4月から始まった第3期中期目標期間も3年が経過し、折り返し地点を過ぎたところです。第3期中期目標期間当初の2016年度には、教育学部、経済学部(改組により経法学部に)、工学部、繊維学部を改組しました。これらの改組に先立ち、2015年度に改組された理学部と農学部では、2019年3月に改組後初めての卒業生が巣立っていきました。また、2016年度に改組した学部でも2020年3月には初めての卒業生が社会に出て行きます。完成年度を迎えるわけですが、これまで4年間の課題を把握し、PDCAサイクルを効果的に回していければと考えています。

 一方、大学院では、2016年度に教育学研究科に高度教職実践専攻(教職大学院)を新設し、理工学系研究科と農学研究科の再編により総合理工学研究科を設置しております。2018年度には、医学系研究科(博士課程)と総合工学系研究科を統合再編し、総合医理工学研究科を設置し、博士課程を一つの研究科にまとめ、境界領域における教育・研究を強化しております。さらに、2020年度に人文科学研究科、経済・社会政策科学研究科、教育学研究科を再編し、総合人文社会科学研究科(仮称)の設置と教育学研究科高度教職実践専攻(教職大学院)の改組を行う予定です。

 教育組織を見直すことは、時代に即応した教育を行い、教育の質を高めるために必要なことだと考えていますが、研究もまた大学の基盤的な使命です。先鋭領域融合研究群を2019年度に改組し、特徴的で世界的に高いレベルの研究を進めていくと同時に、人材育成にも活かしていければと思っております。

 教育・研究と社会発展への寄与を行っていくためには、様々な施策を大学として実行していく必要があります。"PLAN the N・E・X・T 2019-2021"は、学長のリーダーシップのもと各理事・副学長が第3期中期目標期間後半の具体的な施策をどのように進めていくかを示したものです。信州大学の全教職員や学生に大学の目標・施策を理解いただき、また、ステークホルダーの皆様にも信州大学の方向性をご承知おきいただくために活用されることを期待しております。

信州大学長

Hamada Kunihiro

PLAN the N・E・X・T 2019-2021 の趣旨

 PLAN the N・E・X・T(※)は、2016年度から始まった第3期中期⽬標期間において、信州⼤学が、確実にかつ最⼤限の成果を上げるための具体的な⾏動計画であり、実⾏体制です。
 ⼤学運営の基本⽅針『3つの「G」と3つの「L」』のもと、各理事・副学⻑がそれぞれの担当分野における『具体的な施策"Method"』を推進することにより、多様性を育む信州の地において、際⽴つ「独創の知」を実現します。
 PLAN the N・E・X・T 2019-2021は、 PLAN the N・E・X・T 2016-2018の3年間の成果を踏まえ、その結果を反映させ、信州大学が次のステージにワンランクアップすることを目標として、2019年度から2021年度の間に取り組むプランです。
 実施にあたっては、中期目標を達成するための部局レベルでの取組を推進する『部局事業計画』と連動することによって、教職員の力を一つに結集し、設定した達成指標を実現していくことで、高いレベルで中期目標・中期計画を達成していきます。

PLAN the N・E・X・Tの「N・E・X・T」には、「New Evolution × Triple G&L」という意味を持たせています。
信州大学がこれから目指していく新しい進化の途を示すものとして、期待を込めた名称です。

大学運営の基本方針『3つの「G」と3つの「L」』

 信州大学は、「最も学んでみたい大学」を目指し、『3つの「G」と3つの「L」』を基本方針として、教職員の力を結集した戦略的な大学運営を行います。
この基本方針のもとに、各理事・副学長がそれぞれの担当分野における『具体的な施策"Method"』を策定し、推進しています。各理事・副学長のMethodについては、デジタルパンフレットのP5以降をご覧ください。

Green
信州の山々に囲まれた、清涼で緑豊かな、じっくりと物事を考えることのできる環境を活用し、独創性豊かな人材を育成します。また、環境保全・環境共生等に関する研究を推進し、それをもとに環境マインドを持った人材育成を系統的に行います。
Global
海外からの留学生の受入と日本人学生の海外への派遣を戦略的に行い、国際的な視点をもって世界で活躍する人材を育成します。また、海外大学・研究機関等と積極的に交流して国際共同研究を推進し、研究レベルの向上を図ります。
Gentle
未来を支える人材の第一の条件は人や社会に対する優しさであり、気品高く、穏やかに、落ち着いて物事を考えることができる人材を育成します。また、大学内外の様々な人が優しく触れ合うことができる安全で安心なキャンパスづくりを目指します。
Local
長野県内4地域に点在する5つのキャンパスを最大限に活かし、それぞれのキャンパス、それぞれの市町村に特徴的な社会貢献を行います。特に、次世代のまち・ひと・しごと創生で戦略的な役割を果たします。
Literacy
語学、情報、歴史など様々な教養を身につけ、それらの活用能力を培うことができるカリキュラムを提供します。また、研究を通してこれまで分からなかったことの解明やできなかったものの創造を行い、次世代の教養を構築します。
Linkage
部局を越えて教職員や学生の連携を強め、様々な視点から教育・研究・社会貢献が行える体制を構築します。また、国内外の大学・研究所・医療機関との連携、様々な企業や自治体との産学官連携、地域の方々との連携、卒業生との連携等、様々な連携を強固にし、教育・研究・社会貢献のグローカル拠点を構築します。

PLAN the N・E・X・T 2016-2018 の自己評価

 2016年4月にPLAN the N・E・X・T 2016-2018を策定し、大学運営の基本方針『3つの「G」と3つの「L」のもと、各理事・副学長がそれぞれの担当分野における『具体的な施策"Method"』を定め、推進して参りました。
 この度、当該期間における実績の検証を行いましたので、結果についてご報告いたします。

 Method全体の達成状況として、自己評価ではありますが、全体の計画数61件のうち、S評価が15件(24%)、A評価が45件(74%)と、S評価及びA評価で全体の98%という非常に高い結果となりました。

デジタルパンフレット

PLAN the N・E・X・T 2019-2021
 学長のリーダーシップのもと各理事・副学長が第3期中期計画を具体的施策としてどのように実施していくかを示しました。
 大学運営の基本方針『3つの「G」と3つの「L」』のもと、各理事・副学長が『具体的な施策"Method"』を推進することにより、際立つ「独創の知」を実現します。