お知らせ

お知らせ

2023/05/30

ウプサラ大学教育学部から留学生を受け入れました

留学生と関係教員【最終日には学部長に成果を報告しました】
留学生と関係教員【最終日には学部長に成果を報告しました】
留学生と関係教員【最終日には学部長に成果を報告しました】
留学生と関係教員【最終日には学部長に成果を報告しました】



信州大学とウプサラ大学(スウェーデン王国)は2019年11月に学部間の学術交流協定を締結し、留学生の派遣やオンラインによる国際共修授業(COIL)の開講などを通じて国際交流に取り組んでいます。
2023年4月19日から5月23日の約1カ月間、留学生を1名受け入れました。教員志望である留学生のために、学部での学びと附属学校での実習が有機的に結びついた先進的な留学プログラムの実施を目指しました。


前半2週間、留学生は主に学部の授業に参加しました。日本の学校教育、言語学、異文化理解、日本の英語教育、子どもたちと英語でやり取りする方法、日本の体育教育などについて学びました。また、スウェーデンについて教育学部の学生に紹介する機会も設けました。学部における授業等は基本的に全て英語で実施しました。

後半の2週間は、主に附属長野小学校で実習を行いました。様々な授業を見学したり、給食・清掃に参加したりしました。さらに、児童への英語の本の読み聞かせや、外国語科の研究授業も行いました。学部・附属小の担当教員は密に連絡を取り、プログラムの成功に向けて協働しました。研究授業の準備やその振り返りなど、学部・附属小の教員が共同で指導をする機会も多くありました。


本プログラムの特筆すべき点の1つは、留学生だけでなく、学部の学生も多くの学びと自信を得られたことです。7名の学生がチューター(学生サポーター)として附属小での実習のサポートをしました。教員になることを目指すチューターたちは、授業見学や児童たちとの活動の際に通訳したり、研究授業でのアシスタントをしたりすることで、自分たちの学びも深めることができました。学生たちが、留学生と仲良くなれるだけでなく、自身の英語力や教育に関する知識を活かして留学生の学びに大きく貢献し、強い達成感を得られるというのは、本プログラムの特徴の1つだと考えられます。

留学生にプログラムの感想を聞いたところ「素敵な教員・友人に恵まれ、多くのことを学べ、たくさんのよい思い出ができた」と話してくれました。日本での学びを活かして、将来立派な教員になってくれると思います。

今年の夏には、今回チューターを務めた学生の1人がウプサラ大学に留学します。現在ウプサラ大学に留学中の学生2名は6月に帰国予定です。彼女たちのスウェーデンでの経験を聞き、ウプサラ大学留学に興味を持つ学生がさらに増えることでしょう。国際交流のさらなる活性化の気配を感じ、とても嬉しく思っています。
(教育学部助教・留学生指導教員 山本大貴)

附属長野小学校での実習の様子はこちら

11235.png

お知らせ