信州大学 教育学部

学校教育教員養成課程図画工作・美術教育コース

創造する感性と技術を磨き、
共に楽しむ

絵画、彫刻、デザイン、工芸、美術史・美術理論、美術教育について総合的に研究し、専門的な知識と制作技術をもった教員の養成を目的としています。芸術を通した人間形成を土台とし、美術教育の意味や価値を理解し、指導者に必要とされる高い専門性を身につけることができます。学校教育としての美術がもつ様々な課題を学び、美術を通して子ども達に語りかけ、ともに成長し、喜びを分かち合うことの素晴らしさを探求します。人生を豊かにする美術の世界を共に学びましょう。

授業紹介

  • 美術科指導法基礎 イメージ写真

    美術科指導法基礎

    美術教育の歴史や理念、美術科の学習指導要領などについて学びながら、学習指導案の作成や模擬授業を行い、美術教育者としての基礎的な力を実践的に培うことを目指します。

  • 美術史・美術理論基礎 イメージ写真

    美術史・美術理論基礎

    美術の歴史や理論について基礎的なことを学びます。絵画、彫刻、建築、装飾芸術など、幅広いジャンルから芸術にアプローチし、豊かな知識を身につけます。

  • 絵画基礎 イメージ写真

    絵画基礎

    絵画基礎では、物の見方を中心に、絵画制作に必要となる構成、構造、存在感などを学び、絵画の基本原理に対する理解を深め、表現との関係を探求します。

カリキュラム

図画工作・美術教育コースのカリキュラムは、小学校教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状( 美術) および高等学校教諭一種免許状( 美術) を取得することができるようになっています。1 年次の共通教育を経て、2 年次からは美術科教育や美術科の教科指導内容である絵画、彫刻、デザイン、工芸、美術史・美術理論を中心に幅広く美術について学びます。まず2 年次には主な教科指導に関わる基礎科目を履修し、3・4 年次では、2 年次で学んだ基礎科目を土台として、本格的に制作や理論を深め、卒業研究へとつなげていきます。基礎科目によって確かな知識を養い、演習や実習によって教科指導内容をより深く探求できるようにステップ・アップしていきます。2 年次から各研究室に所属するようになりますが、自分が所属する研究室を越えて、幅広くかつ専門的に研究を深めることができるのが、図画工作・ 美術教育コースのカリキュラムです。

メッセージ

美術にかかわる様々な分野を
幅広く学び、専門的な研究ができる

絵画、彫刻、構成・デザイン、工芸、美術史・美術理論、美術教育など、美術に関わる様々な分野を幅広く学び、その中で自分が興味を持った分野をさらに専門的に研究することができるのが、本コースの魅力だと思います。私は、美術や美術教育について学ぶ中で、美術を教えることの素晴らしさを感じ、美術の先生になりたいと思うようになりました。卒業研究では鑑賞教育をテーマとし、様々な角度から作品鑑賞について探究しています。

インタビュー写真

図画工作・美術教育コース 4年
(愛知県名古屋市立北高等学校出身)

薗部 優介さん

※在籍する学年、および内容は令和元年インタビュー当時のものです。