信州大学 教育学部

学部概要

学部長メッセージ

学ぶことは楽しいこと

これから教育学部を目指したい皆様へ

教育学部長村松浩幸
教育学部長 村松 浩幸 むらまつ ひろゆき

学校の先生方は様々なことを子どもたちに伝えますね。
その中で大事なことは何でしょうか。
一番は、かけがえのない命の大切さだと思いますが、その次は何でしょうか。
私は「学ぶことは楽しいこと」だと思っています。
役に立つから、必要だから学ぶことももちろんあります。
しかし、その原点は「学ぶことは楽しいこと」ではないでしょうか。
「学ぶことは楽しいこと」を子どもたちが実感できれば、後は子どもたち自らが学び出すでしょう。
学生の皆さんには、大学生活を通じて「学ぶことは楽しいこと」、
さらには、「教育や研究することは楽しいこと」を実感してもらいたいと願っています。

教育学部には様々な領域の専門家の先生方がいます。
そうした先生方、そして学部の先輩や仲間と共に、学ぶ楽しさを感じていきましょう。
それが皆さんの未来を拓く大きな一歩になることでしょう。
教育学部は、そうした皆さんの学びを支えていきます。

信州大学教育学部だからこその学び

体系的な臨床教育が受けられます

教育学部では、1年生時から学校現場で学ぶ機会が体系的に設けられています。特に、附属6学校園での教育実習では、長野県内から選び抜かれた先生方から、授業の進め方や学級の在り方を実体験に基づいて直に学ぶことができます。

実践的なICT活用指導力が身につきます

現在、小・中学校で1人1台の端末を整備・活用するGIGAスクール事業が展開されています。こうした時代に必要となる実践的なICT活用指導力について、教育学部では様々な取り組みが展開され、全国からも注目されています。最先端のICT活用指導力を身につけられます。

小学校と中学校の教諭⼀種教員免許状が取得できます

教育学部のほとんどのコースでは、小学校教諭⼀種免許状と共に、コースの教科の中学校教諭⼀種免許状を取得できます。さらに、計画的に履修していくと、他教科の中学校教諭⼀種免許状や特別支援学校教諭⼀種免許状の取得も可能です。

教職大学院ではより高度な学びが受けられます

信州大学大学院教育学研究科(教職大学院)に進学することで、現職の先生と学部卒学生とが学校現場で一緒になり、実践的な資質・能力をさらに高めるとともに、より高度な学びが受けられます。

教育学部にご関心を持っていただいた皆様へ

教育学部は教員養成学部であると同時に、様々な領域の専門家の集まりです。
学校教育はもとより、社会の様々な領域において教育の知見は役立ちます。
ぜひお気軽に各窓口にご相談ください。
教育学部の知を、研究や社会貢献を通じ、地域社会に還元していきたいと考えております。
目の前の問題、課題について一緒に解決するところからはじめ、
次の社会をともに創っていきましょう。

理念・目標

理念

大学キャンパスの写真
自然の中で子供に指導する写真

教育学部は、信州の恵まれた自然環境と教育を尊重する県民の気風や風土の中で、豊かな人間性と専門的知識及び実践的能力を身につけた、明日の教育を担う人材を育成します。
教育学部では、子どもたちの学びを支援する場ではたらく総合的な「知=力」を「臨床の知」と呼び、附属学校園との一体化はもとより、教育委員会や諸学校との連携を深め、地域や家庭との協力のもと、実践的な知の体系としての「臨床の知」を核とした教育を目指します。

目標

教育養成の伝統と実績を踏まえ、「臨床の知」の理念のもとに、次の目標を掲げて教育研究を行ないます。

  1. 高度な専門知識と実践的な教育技術を身につけ、豊かな教養と創造性に溢れた教育者を育成します。
  2. 附属学校園を積極的に活用し、新たなカリキュラムや教材の開発、指導法の⼯夫など教育現場に役立つ教育研究を推進します。
  3. 教育委員会や地域の諸学校と連携し、不登校や学力問題など多様な教育課題に対応し、専門的な支援を行います。
  4. 地域社会の要請に応えるため、生涯教育、リフレッシュ教育、現職教育等を充実させ、開かれた教育・研究体制を構築します。

教育方針

沿革

明治6 長野県師範講習所 筑摩県師範講習所
明治7 筑摩県師範学校
明治8 長野県師範学校
明治9 長野県師範学校松本支校
明治16 長野県師範学校松本に統合
明治19 長野県尋常師範学校
明治21 長野県尋常師範学校 女子部設置
明治30 長野県師範学校
明治35 松本女子師範学校と統合
長野県師範学校(男子部) 長野県師範学校(女子部)
大正7 長野県実業補修学校教員養成所
昭和10 青年学校教員養成所
昭和19 長野県立長野青年師範学校
昭和24 信州大学教育学部(長野本校・松本分校)発足
昭和41 教育学部松本分校廃止
附属志賀自然教育研究施設設置
昭和42 養護学校教員養成課程設置
附属幼稚園設置
昭和48 幼稚園教員養成課程設置
昭和49 附属教育工学センター
(平成4年に附属教育実践研究指導センター転換)
昭和50 附属養護学校設置
平成3 大学院教育学研究科(修士課程)設置
平成7 生涯スポーツ課程設置
(平成11年に小学校教員養成課程、中学校教員養成課程、幼稚園教員養成課程は学校教育教員養成課程改組)
平成11 教育カウンセリング課程設置
附属教育実践総合センター
(附属教育実践研究指導センターから転換)
平成20 養護学校教員養成課程を特別支援学校教員養成課程に名称変更
平成24 講座の増設と再編成(言語教育、社会科学教育、数学教育、理科教育、技術教育、家庭科教育、音楽教育、美術教育、スポーツ科学教育、教育科学、特別支援教育)

評価情報

評価情報は、最新の教育学部・教育学研究科の内部評価及び外部評価に関する報告書等を開示するコーナーです。また、満足度調査は学生の意見を学部改革に活かすために実施しています。

信州大学教育学部における学生の満足度調査報告書(2016年度~2018年度) 2020年2月公表

満足度調査で、授業改善、教育改革、学生生活の充実と向上などを図ります。