信州大学 教育学部

<$mt:Include module="side-navi-about" $>

学部概要

学部長メッセージ

教育学部 宮﨑樹夫の写真

教育学部長

みやざき みきお

宮﨑 樹夫

力漲る先生になろう!

「先生」は、世の宝です!

世の中の未来を形作るのは、間違いなく「子ども達」です。
その子ども達を地域と共に学校で守り育てているのは、「先生」です。
ですから、「先生」の質が高ければ高いほど、学業を終えた子ども達の"旅路"は⼀層実り豊かなものとなり、この世を形作ってゆく⼀⼈ひとりの行く末は⼀段と光り輝くものとなるのです。
つまり、「先生」は、世の宝といえるのです。

力のある先生とは?

「子ども達が好き」、「教えるのが上手になりたい」、これらはとても大切なことです。
でも、もっと大事にしなくてはならないのは、明日を生き抜く子ども達を、猛り狂う時代の荒波のなかで守り育て抜く智恵と勇気、そして、その覚悟があるかどうかです。
 『深雪(みゆき)せる、野路(のじ)に小さき、沓(くつ)の跡、われこそ先に、行かましものを』
 (林 芋村先生)
こうした志こそ、真に力のある先生が身に付けておられる資質・能力なのです。

信州大学教育学部だからこそできること

体系的な臨床教育を受けられます

信州大学教育学部では、入学した1年生の時から、教育現場で学校の先生から学ぶ機会が授業として体系的に設けられています。特に、教育学部の附属6学校園での教育実習では、長野県内から選び抜かれた先生方から、授業の進め方や学級の在り方を実体験に基づいて直に学ぶことができます。

小学校と中学校の教諭⼀種教員免許状が取得できます

教育学部のほとんどのコースでは、小学校教諭⼀種免許状と共に、コースの教科の中学校教諭⼀種免許状を取得できます。さらに、授業を計画的に履修していくと、他教科の中学校教諭⼀種免許状や特別支援学校教諭⼀種免許状の取得も可能です。

教職大学院に進学すれば、専修免許状に格上げできます

我が国では、学校の先生を教育学部4年間と教職大学院2年間で⼀貫して育成する施策が現実に動き始めています。信州大学教育学部においても、本学部を卒業した後に信州大学大学院教育学研究科(教職大学院)に進学し、実践的な資質・能力を高めるとともに、学部で取得可能な免許状より格上の専修免許状を取得するよう強く推奨しています。特に、長野県で小学校の専修免許状が取得できるのは、信州大学大学院教育学研究科(教職大学院)だけです。

力漲る「先生」を目指す受験生の皆さん、
御入学を⼼からお待ちしています。

理念・目標

理念

大学キャンパスの写真
自然の中で子供に指導する写真

教育学部は、信州の恵まれた自然環境と教育を尊重する県民の気風や風土の中で、豊かな人間性と専門的知識及び実践的能力を身につけた、明日の教育を担う人材を育成します。
教育学部では、子どもたちの学びを支援する場ではたらく総合的な「知=力」を「臨床の知」と呼び、附属学校園との一体化はもとより、教育委員会や諸学校との連携を深め、地域や家庭との協力のもと、実践的な知の体系としての「臨床の知」を核とした教育を目指します。

目標

教育養成の伝統と実績を踏まえ、「臨床の知」の理念のもとに、次の目標を掲げて教育研究を行ないます。

  1. 高度な専門知識と実践的な教育技術を身につけ、豊かな教養と創造性に溢れた教育者を育成します。
  2. 附属学校園を積極的に活用し、新たなカリキュラムや教材の開発、指導法の⼯夫など教育現場に役立つ教育研究を推進します。
  3. 教育委員会や地域の諸学校と連携し、不登校や学力問題など多様な教育課題に対応し、専門的な支援を行います。
  4. 地域社会の要請に応えるため、生涯教育、リフレッシュ教育、現職教育等を充実させ、開かれた教育・研究体制を構築します。

教育方針

                             

沿革

明治6 長野県師範講習所 筑摩県師範講習所
明治7 筑摩県師範学校
明治8 長野県師範学校
明治9 長野県師範学校松本支校
明治16 長野県師範学校松本に統合
明治19 長野県尋常師範学校
明治21 長野県尋常師範学校 女子部設置
明治30 長野県師範学校
明治35 松本女子師範学校と統合
長野県師範学校(男子部) 長野県師範学校(女子部)
大正7 長野県実業補修学校教員養成所
昭和10 青年学校教員養成所
昭和19 長野県立長野青年師範学校
昭和24 信州大学教育学部(長野本校・松本分校)発足
昭和41 教育学部松本分校廃止
附属志賀自然教育研究施設設置
昭和42 養護学校教員養成課程設置
附属幼稚園設置
昭和48 幼稚園教員養成課程設置
昭和49 附属教育工学センター
(平成4年に附属教育実践研究指導センター転換)
昭和50 附属養護学校設置
平成3 大学院教育学研究科(修士課程)設置
平成7 生涯スポーツ課程設置
(平成11年に小学校教員養成課程、中学校教員養成課程、幼稚園教員養成課程は学校教育教員養成課程改組)
平成11 教育カウンセリング課程設置
附属教育実践総合センター
(附属教育実践研究指導センターから転換)
平成20 養護学校教員養成課程を特別支援学校教員養成課程に名称変更
平成24 講座の増設と再編成(言語教育、社会科学教育、数学教育、理科教育、技術教育、家庭科教育、音楽教育、美術教育、スポーツ科学教育、教育科学、特別支援教育)

評価情報

評価情報は、最新の教育学部・教育学研究科の内部評価及び外部評価に関する報告書等を開示するコーナーです。また、満足度調査は学生の意見を学部改革に活かすために実施しています。

信州大学教育学部における学生の満足度調査報告書(2016年度~2018年度) 2020年2月公表

満足度調査で、授業改善、教育改革、学生生活の充実と向上などを図ります。