信州大学 教育学部

卒業後の進路

卒業後の進路

教員になるために

教育県として知られる長野県。
この熱心な風土の中で、教育の専門家を養成する信州大学教育学部は、県内外への高い教員採用実績が評価されてきました。学生の「教員になりたい」という夢をかなえるために、教員採用試験合格に向けて充実したサポートを行います。

卒業生の約7割が教員として就職

教員養成課程卒業生(除く進学者)のうち、約7割が教員として就職しています。長野県をはじめとし、関東甲信越、東海、北陸など、全国各地で教員として採用され活躍しています。全国の国立教員養成大学・学部の中でも、教員就職率は上位の実績があります。

教員就職への支援が充実

多くの学生が教員として就職できるように、教員採用試験に向けたさまざまな取り組みや支援が行われています。出題傾向や試験対策に関する講演会やセミナー、模擬(集団・個人)面接、翌年の受験生に向けた合格体験発表セミナーなど、充実した取り組みが行われています。模擬試験では、教育学部の尚学会(後援会)及び同窓会から受験料の一部を援助いただき、負担を軽減することで多くの学生が受けやすくしています。
また、教職コーディネーターを配置し、教職相談を実施しています。教員採用試験対策、教員就職への心構えなど、学生一人ひとりの疑問や悩みについての相談に応え、合格を目指します。

長野県教育委員会との連携

教員養成を充実させるうえで欠かせない長野県教育委員会との連携も、信州大学教育学部ならではの強みです。連絡協議会を設け、学校現場の教育課題や教員養成・採用に関する事項など、ともに検討しながら進めています。また、長野県教育委員会では、長野県公立学校教員採用における大学推薦特別選考を実施しています。信州大学からも推薦した学生が、この特別選考により採用され学校現場で活躍しています。

信州大学教育学部で教員免許をとるメリット

小学校教員の免許がとれるのは教育学部だけです。特に学校教員としての専門性を深く学べることが教育学部の特色です。
教員という職業は、大学を卒業したらすぐに一人前の先生として教壇に立たなければなりません。専門分野の学習だけでは、子どもたちを前にしてとまどうことも多いでしょう。信州大学教育学部では4年間に渡って、子どもや学校と常に関わりながら教員になる準備を進めることができます。

取得可能免許・資格

卒業要件を満たすことで取得できる教育職員免許状

※卒業要件:卒業するために必要な修得すべき単位数

現代教育コース ⼩学校教諭⼀種免許状
野外教育コース ⼩学校教諭⼀種免許状、または中学校教諭⼀種免許状(保健体育)
特別支援教育コース ⼩学校教諭⼀種免許状、および特別支援学校教諭⼀種免許状
心理支援教育コース ⼩学校教諭⼀種免許状
その他のコース ⼩学校教諭⼀種免許状、および各教科の中学校教諭⼀種免許状

※卒業要件とは別に必要な単位を修得することで、他教科の中学校教諭や高等学校教諭、さらに幼稚園教諭や特別支援学校教諭の一種免許状の取得が可能です。ただし、時間割や受入れ態勢などによる制約があります。

教育学部で取得可能な教育職員免許状

幼稚園教諭⼀種免許状
⼩学校教諭⼀種免許状
中学校教諭⼀種免許状(国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語)
高等学校教諭⼀種免許状(国語、地理歴史、公⺠、数学、理科、音楽、美術、保健体育、家庭、英語)
特別支援学校教諭⼀種免許状(教育領域:知的障害者、肢体不自由者、病弱者)

※全校種、全教科の免許が取得可能です。ただし、時間割や教科の組み合わせ、受入体制などによる制約があります。各コースで卒業要件となっている免許以外は、取得を保証するものではありませんのでご注意ください。中学校、高校の特定教科の免許を確実に取得したい場合は、その教科のコースに進学することをお勧めします。

その他の資格

学校図書館司書教諭
准学校心理士
公認心理師受験資格

※公認心理師受験資格を得るために必要な科目を開設しています。ただし、一部の科目については受入体制などによる制約がありますのでご注意ください。なお、公認心理師受験資格は必要な科目を修得し、大学を卒業しただけでは得ることができません。大学卒業後に一定期間の実務経験を積む、または大学院でさらに必要な科目を修得し修了する必要がありますのでご留意ください。

卒業後の進路