信州大学 教育学部

学校教育教員養成課程保健体育コース

健やかな心と身体を育む
運動の真の楽しさを追究する

子どもたちの体力低下や運動離れをいかに食い止めるか。現代ほど、子どもたちと体育・スポーツの関係性がクローズアップされる時代はないかもしれません。ボールがうまく投げられない子どもには、どんなふうに教えたらよいのか。スポーツが持つ真の楽しさを伝えるには、どうすればよいのか。体育の授業は、運動ぎらいの子どもたちに運動好きになってもらうチャンスでもあります。保健体育コースでは、子どもが大好きで、スポーツが大好きな、人間味と情熱に溢れた教師の養成を目指しています。

授業紹介

  • 中等体育科指導法演習 イメージ写真

    中等体育科指導法演習

    「子どもたちが待ち遠しく思う体育授業」を合言葉に、学生同士が教師役と子ども役を演じる模擬授業を行います。よりよい授業の実現に向けて、子どもの目線から活発な議論を行います。

  • 剣道 イメージ写真

    剣道

    この授業では、伝統的な文化である剣道の技を習得するとともにその指導法を学び、教師として生徒たちに正しい剣道を伝えることができるようになることを目指しています。

  • 陸上競技 イメージ写真

    陸上競技

    陸上競技の走跳投の種目の練習と記録測定を通じて、陸上競技の基礎的技能を習得すると共に、指導方法の一端を理解し、陸上競技の特性に触れる経験から、将来的な指導力の基礎を育みます。

カリキュラム

  • 1年次

    基礎的・入門的内容である「体育学基礎」や「スポーツ・体育学入門」を通して、体育・スポーツに関する幅広い興味・関心を育みます。

  • 2年次

    「中等保健体育科指導法基礎」を軸に授業づくりについて学びながら、教科指導の基盤となる理論・知識を習得する授業科目を履修していきます。

  • 3年次

    学校体育で取り扱われる各種の実技系科目を通して実技能力を高めるとともに、児童・生徒にそれらを指導する際のポイントを学びます。

  • 4年次

    所属研究室で「卒業研究」に取り組みます。よりよい保健体育の授業の実現に向けて、先進的かつ独創的な切り口で、各自の研究課題に取り組みます。

メッセージ

子供の発達段階にあわせた
実践的な指導力を身につけらける

運動の楽しさや出来たときの喜びを子どもたちに伝えたいと思い、本コースを志望しました。様々な専門科目を通して、自分自身の技能を高めるだけでなく、子どもの発達段階にあった指導方法や運動が苦手な子どもの練習方法を学ぶことで、将来に向けた実践的な指導力を身につけています。また、学生同士や教員たちとの距離が近いため、授業の中で浮かんだ疑問を皆で追究する楽しさを感じることができるのも魅力の一つです。

インタビュー写真

保健体育コース 4年
(長野県伊那弥生ヶ丘高等学校出身)

黒河内 咲さん