学校教育教員養成課程野外教育コース

信州の大自然で展開される
「自然体験活動」と「冬季スポーツ」

野外教育コースは、信州の豊かな大自然の中で行われる登山やキャンプなどの「自然体験活動」を指導できる教員の養成、スキー・スケートが盛んな地域のニーズに応える「冬季スポーツ」を指導できる教員の養成をめざしています。さらに、頻繁に発生する自然災害から「自らの命を守る安全教育」に取り組むことができる指導力を備えながら、小学校または中学校(保健体育)のいずれかの教員免許を取得することができます。

授業紹介

  • 安全教育概論 イメージ写真

    安全教育概論

    地球規模の環境問題への関心を高める自然体験活動を通した環境教育に取り組む教員を養成します。頻繁に発生する自然災害から自らの命を守るための安全教育ができる教員を養成します。

  • 野外教育指導法演習Ⅰ イメージ写真

    野外教育指導法演習Ⅰ

    小学校3・4年生を対象とした5泊6日のキャンプに指導者として参加し、安全で効果的なキャンプの指導を学ぶとともに、子どもを対象としたキャンプの企画・運営のあり方を習得します。

  • 雪上キャンプ実習 イメージ写真

    雪上キャンプ実習

    雪上における野外活動・アウトドアスポーツの専門的な知識、技術、安全な指導法等について、雪上でのキャンプ活動をとおして学ぶとともに、冬季の特殊な自然環境に関する知識を習得します。

カリキュラム

  • 1年次

    松本キャンパスで共通教育科目を履修。新入生ゼミナールでは信州の豊かな自然の中でのキャンプ研修を通して教員や先輩方と触れ合います。

  • 2年次

    長野キャンパスで野外教育の基礎的な知識の習得をめざした専門科目を履修。各自が研究室に所属し、学校教員となるための素養と専門性を積極的に高めます。

  • 3年次

    臨床経験を深めるとともに、山岳・雪上・海浜などで「自然体験活動を通した野外教育の指導力」、「冬季スポーツを通した野外活動の指導力」を身につけます。

  • 4年次

    専門性を発展させ、社会に飛び立つ準備とともに興味のある研究テーマを探し、調査や実験を通して専門的で高度な「野外教育」の指導力を育成します。

教員紹介

メッセージ

信州の豊かな自然を活かした
ここでしかできない学びがある

本コースの魅力は、信州の豊かな自然のなかで行われる、キャンプ実習や自然体験活動、スキー・スケート実習などの授業を受けられることです。ここでしか経験できない学びがあり、本コースを志望して良かったと思います。私自身、初めての経験が多くて様々なことに挑戦しながら、教員を目指して楽しく学んでいます。また、先生方や学年を超えた学生同士の繋がりが強いところも魅力の一つです。自分の「好き」をとことん追求して、自分の可能性を広げていきたいです。

インタビュー写真

野外教育コース 3年
(石川県立金沢錦丘高等学校出身)

吉村 真乃加さん

※在籍する学年および内容は令和5年度当時のものです