信州大学 教育学部

学校教育教員養成課程理科教育コース

理科の面白さを伝えられる
理科の伝道師になろう!

理科教育コースでは、物理学、化学、生物学、地学などの個別科学における専門的学習や理科教育の理念・目標、指導法授業研究などの学習を積み重ねるなかで、理科の教師としての基礎的で豊かな専門的力量をもち、論理的で科学的なものの見方・考え方のできる、同時に実践的な指導力を備えた質の高い教員の養成をめざしています。自然科学に対する幅広い基礎知識、基礎能力をもち、理科が好きで、その面白さをいきいきと児童・生徒に伝えられる教師の育成が目的です。

コースのサイトを見る

授業紹介

  • 生物学基礎実験 イメージ写真

    生物学基礎実験

    生物学基礎実験では実際に野外に出て、信州の豊かな自然の中、動植物を解説したり、外来生物法の指定動物になったウシガエルの解剖を環境省の許可を受けて行ったりしています。

  • 地学基礎実験 イメージ写真

    地学基礎実験

    河原の石を使った岩石標本の作成や望遠鏡を使用した太陽の黒点観察をはじめ、実物の観察を通して、道具の扱い方を学ぶとともに、地学の基礎力を高めることを目的としています。

  • 化学基礎/基礎実験 イメージ写真

    化学基礎/基礎実験

    酸素、水素、二酸化炭素、アンモニアに関する教材的な実験から、有機合成や反応速度といった専門的な実験にいたるまで、化学の基礎事項を講義と実験により幅広く学びます。

カリキュラム

  • 1年次

    基礎科目を履修し、自然科学の基礎や理論的な思考力を養います。また、理科教員として必要な基礎的な力の修得を補完します。

  • 2年次

    個別科学の基礎的な内容の授業・実験を通して、自然現象をみる柔軟な思考力を涵養し、理科教員に必要な基礎能力を身につけます。

  • 3年次

    より高度な内容および実験を含む個別科学の講義・演習を通して、自然科学に対する幅広い知識、能力を修得します。

  • 4年次

    「卒業研究」では、研究室に所属して、専門性の高い先端的・独創的な研究課題に取り組むことによって、探求する喜びを体験します。

メッセージ

自然を活かした課外学習を通して、
全身ですべての分野を学習できる

美しいアルプスを臨む信州大学でなら、生徒が楽しく科学について学習できる環境づくりを学ぶことができると考え、入学しました。本コースでは、信州の豊かな自然を活かした課外実習を通して、全身ですべての分野を学習することができます。また、1 年次からの教育現場での臨床体験、2 年次からは専門性の高い授業もあり、教員の道に限らず様々な可能性を見出す学習ができ、自分の将来の道を切り開く最適の場所です。

インタビュー写真

理科教育コース 3年
(群馬県前橋市立前橋高等学校出身)

藤本 悠史さん

※在籍する学年、および内容は令和元年インタビュー当時のものです。