学校教育教員養成課程ものづくり・技術教育コース

楽しく、役立ち、奥が深い!
ものづくりから広がる世界

ものづくりの教育は100年以上前に北欧で始まり、世界中に広がりました。また、プログラミングを小学校から教えようという動きが、世界中で、そして日本でも始まっています。伝統と革新。この2つを見据え、楽しいものづくりから最先端の加工や情報技術まで。幅広い内容を体験的に学んでいけるのが本コースの特徴です。技術・情報・環境について指導できる中学校技術科の教員や、ものづくり・環境を詳しく指導できる小学校教員を目指しましょう。

授業紹介

  • 木材加工基礎 イメージ写真

    木材加工基礎

    設計や材料の基礎知識と共に、お互いに木製品を設計・製作し合う実習で、木材加工技術を体験的に学んでいきます。木材加工に自信がないという人でも、加工の腕がグンとあがります。

  • 情報基礎実習 イメージ写真

    情報基礎実習

    情報領域の基礎的実習として、マイコンを用いたプログラミングを学び、各種センサーの特性を測定し、使い方を学びます。また、各自のアイデアを実現する作品の製作発表を行います。

  • 機械実習 イメージ写真

    機械実習

    機械実習では汎用小型エンジンの分解と組立を行い、機械要素の運動、工具や測定器の使用方法、および安全作業について理解を深め、技術教育に必要な基礎力を身につけます。

カリキュラム

  • 1年次

    前期は、レポートの書き方や理系科目の復習、また長野の研究室見学もします。後期は「技術とエネルギー」についてグループで楽しく学びます。

  • 2年次

    技術の各分野の基礎科目を学びます。実習も多く、体験的に学べます。また研究室毎に先輩や先生方と交流し、早くから研究に触れられます。

  • 3年次

    技術の専門科目の学びを深め、技能や指導力をさらに高めていくと共に、小学校でのものづくりについても学んでいきます。

  • 4年次

    各自テーマを決め、各研究室で本格的に卒業研究に取り組みます。また、ものづくり教室等の社会貢献活動で実践的な力量も高めます。

教員紹介

メッセージ

技術教育をベースに幅広い知識と技能を学び
「つくりたい」をカタチに

私たちのコースでは、技術教育をベースとして、材料加工や機械、情報、電気、栽培など幅広い知識と技能を学ぶことができます。これらの授業から2つの“そうぞう力”、 「想像力」と「創造力」を身につけて、「つくりたい」をカタチにするためにアイデア集めをしています。このことが、私の毎日を明るく、楽しく彩ってくれています。ものづくりから生まれる多角的な視点やユーモア溢れる想像力は、私たちの大切な光となり、未来の技術教育を支える大きな力を与えてくれます。

インタビュー写真

ものづくり・技術教育コース 2年
(長野県須坂高等学校出身)

山本 萌々さん

※在籍する学年および内容は令和5年度当時のものです