信州大学 教育学部

教育の特色

POINT1行動しつつ考える
「臨床の知」

子どもたちは、⼀人ひとり異なり、とどまることなく変化し続けています。多様な子どもたちに対応できる教員をめざし、教育学部では、基本理念として「臨床の知」を掲げています。「臨床の知」は、教育現場において理論との連携をもちつつ、臨床的に学びとる実践知です。

POINT2現場での
多様な学び

「臨床の知」を深めるためには、現場での学びが欠かせません。学生は、1年から4年まで大学内外の学校現場や社会教育施設等へ出向き学習します。学部で学んだ知識と関連させつつ現場での経験を振り返る「省察」により、体験の質や省察の視点が徐々に深化していきます。

POINT3信州の特徴を活かした
カリキュラム

豊かな自然を活かした自然教育・環境教育。教育熱心な風土の中で展開される臨床経験科⽬。信州らしさを満喫しながら心豊かな人間性を養い、教師としての基礎をしっかりと身につけることができるカリキュラムです。信州⼤学で教員を目指してみませんか?

4年間の流れ

教育学部では、「臨床の知」を学生⼀人ひとりに保証するために、体系的な教員養成カリキュラムを提供しています。全学年を通じて学校現場を経験できる、大学内外の教育現場で学べる体制がとられている、各分野のプロフェッショナル教員がそろっている...など、現場で個々の子どもたちと向き合う『臨床力』、そして本当のチカラを伝達する『⼀流力』を育むための教育内容・方法が充実しています。

  • 1年生対象専門科目

    新入生ゼミナール科目、附属学校園などで教育現場にたつ臨床経験科目、専門科目などを履修します。

  • 共通教育
    科目

    教養科目、外国語科目、情報科目、健康科学科目で幅広い知識を身につけます。

  • 専門科目
    (必修
    /選択)

    各コースの必修科目・選択科目などに加え、教員免許の取得に必要な科目を履修します。教育実習で教師としてのものの見方や心構えなどを身につけるとともに、専門科目の履修を通して教科に関する知識や教育制度、職務内容、指導法など、教師として必要な知識を修得します。

  • 幅広い豊かな教養、
    理論的・批判的思考力の修得

  • 卒業論文・研究

    学修の集大成として、各自が設定した課題に取り組みます。年度末には卒業研究発表会を実施します。

臨床の知

  • 教科教育学の知

    各教科の教育内容と指導法に関する知

  • 教育科学の知

    教育/学習と⼦どもの変容と支援に関する知

  • 専門知/科学的な知・技術

    自然科学・社会科学・人文科学・芸術・スポーツに関する知

  • 臨床経験の知

    臨床経験の知 図表 1年次~4年次 段階別