学校教育教員養成課程特別支援教育コース

障害のある子どもたちの
未来に寄り添う

障害による学習上または生活上の困難を持つ児童生徒に対して、一人一人の教育的ニーズに応じた適切な教育を行うことのできる教員を養成するコースです。本コースでは、特別支援教育の本質と目標、障害のある児童生徒の心理や発達、教育課程、指導法、などの"未知の"領域を体系的に学んでいきます。幅広い臨床実習が用意されていることも特色のひとつです。特別支援学校教諭一種免許状(知的障害/病弱/肢体不自由)を取得して卒業しますが、自閉性障害や学習障害、重症心身障害などについても学ぶ機会があります。

授業紹介

  • 障害児臨床学実習 イメージ写真

    障害児臨床学実習

    個別の児童生徒の障害実態を把握するための、発達検査、観察法による行動分析、感覚誘発電位等の様々な技法を習得します。特別支援学校での参加参観等も行いながら学びます。

  • 障害児研究法実習 イメージ写真

    障害児研究法実習

    障害児や特別支援教育の研究方法には、調査、実験、臨床など様々な方法があります。特別支援教育コース教員のオムニバス授業により、これらの研究方法を実習を通して学びます。

  • 病弱児の心理・生理・病理 イメージ写真

    病弱児の心理・生理・病理

    病弱児の理解は全ての学校現場で重要です。小児がん、腎臓病、てんかん、心の病などの様々な病気を身体や脳の仕組みと共に理解します。また病気と向き合う子どもの心理面の課題を理解し支援する視点を学びます。

カリキュラム

  • 1年次

    「特別支援教育ゼミナール(前期)」「特別支援教育総論(後期)」を通して、特別支援とは何か?を知り、また体験的に学びます。

  • 2年次

    知的障害、病弱、肢体不自由についての知識を習得し、また臨床実習を通して子どもたちが直面する課題や支援のあり方を学びます。

  • 3年次

    一人一人に合わせた教育を実現する上で必要なアセスメント技法や支援技術を習得します。後期からは各々の課題意識に基づき専門ゼミを選択します。

  • 4年次

    特別支援学校での教育実習を行います。また、卒業研究を通して、各々が自分なりの専門性を身に着けていきます。

教員紹介

メッセージ

特別支援に関わる教師を
志望する人にとってぴったりの場所

このコースでは、週に1 ~ 2 回、年間で1 0 回を超える、子どもたちとの活動を行います。その中で、「よりよい活動とするために、どのような工夫が出来るか」という事を考え、次の活動へと繋げます。また講義で障害に関しての基礎知識や実践例を学ぶことで、理論と実践という2つの視点から特別支援教育について考え、学ぶ機会が多くなります。長野県で特別支援に関わる教師を志望する人にとってぴったりの場所だと考えます。

インタビュー写真

特別支援教育コース 3年
(長野県大町岳陽高等学校出身)

澁谷 郁磨さん

※在籍する学年、および内容は令和元年インタビュー当時のものです。