学校教育教員養成課程特別支援教育コース

障害のある子どもたちの
未来に寄り添う

学習上または生活上の困難を持つ児童生徒に対して、一人一人の教育的ニーズに応じた教育を行うことのできる教員を養成するコースです。本コースでは、特別支援教育の本質や目標、障害のある児童生徒の心理や発達、教育課程、指導法、などを体系的に学んでいきます。教育学部附属特別支援学校を中心とする様々な学校での臨床実習が用意されていることも特色のひとつです。本コースの卒業要件を満たすことで、小学校教諭一種免許状に加え、特別支援学校教諭一種免許状(知的障害/病弱/肢体不自由)を取得できます。さらに、発達障害や重度の障害への対応や、小中学校の通常学級においてインクルーシブ教育を実現できる教員になるための科目も充実しています。

授業紹介

  • 障害児研究法実習 イメージ写真

    障害児研究法実習

    障害児や特別支援教育の研究法には、調査、実験、臨床など様々な方法があります。特別支援教育コース教員のオムニバス授業により、これらの研究方法を実習をとして学びます。

  • 病弱の心理・生理・病理 イメージ写真

    病弱の心理・生理・病理

    病弱児の理解は全ての学校現場で重要です。小児がん、腎臓病、てんかん、心の病などの様々な病気を身体や脳の仕組みと共に理解します。また病気と向き合う子どもの心理面の課題を理解し支援する視点を学びます。

  • インクルーシブ教育演習 イメージ写真

    インクルーシブ教育演習

    3~4年生を対象とする選択科目です。インクルーシブ教育の意義や理論を学んだ上で、多様な障害のある子どもが通常学級にいる状況を想定しながらの模擬授業の実践と省察を行います。

カリキュラム

  • 1年次

    「特別支援教育ゼミナール(前期)」「特別支援教育特論(後期)」を通して、特別支援教育の基礎を学びます。附属特別支援学校での臨床実習も行います。

  • 2年次

    知的障害、病弱、肢体不自由についての専門的知識を習得します。「教育臨床演習」では、附属特別支援学校において放課後クラブ活動の運営と実施を担い、児童生徒が楽しく活動できるようプログラムを考えます。

  • 3年次

    前期の「障害児研究法実習」では、「心理」「生理」「教育」の3観点から障害児教育のための研究法を学びます。後期には専門ゼミを選択し、障害や教育について深く探究します。2月には附属特別支援学校での「特別支援教育実習」を行います。

  • 4年次

    各々の問題関心に基づいて「卒業研究」を行います。「教職実践演習」では特別支援学校、小・中学校、教育支援センター、社会教育施設等でのインターンシップに参加し、教育現場でさらなる実践を積み重ねます。

教員紹介

メッセージ

信州で特別支援教育を学びたい人に最適

信州で特別支援教育を学びたいと思い志望しました。現在は、特別支援学校教諭として教育に携わることを目標に、指導・支援方法や研究法について学んでいます。本コースでは、2年生から子ども達と活動する機会があります。この活動を通して、知識・技術を身に付けるだけでなく、自己研鑽に励むこともできていると感じています。信州で特別支援教育を学びたい人に最適な場だと思います。

インタビュー写真

特別支援教育コース 3年
(長野県松本蟻ケ崎高等学校出身)

松村 花さん

※在籍する学年および内容は令和5年度当時のものです