信州大学 教育学部

EVENT情報

EVENT

2020/06/17

令和2年度 信州大学公開講座「プログラミングってなんだ。とりあえずやってみよう。」受講申込について (申込受付:7/1 9:00~7/17 17:00)

①趣旨

令和2年度から小学校でプログラミングが必修化されました。

プログラムの役割とプログラミングの考え方を理解することを目的とします。

プログラムの考え方はプログラミング的思考と言われ、現在全世界で注目され、学ばれています。

②開催日時

令和2年8月30日(日)午前10時集合、午後4時解散


③開催場所

信州大学教育学部 自然科学教育棟5階 W501実験室


④対象

小学5・6年生 10名まで
 
⑤指導

信州大学学術研究院教育学系教授 西 正明
信州大学大学院教育学研究科院生 1名
信州大学教育学部生 3名


⑥主な内容

身の回りの物を例にあげてプログラムの役割を学びます。
ゲームを通してプログラムのツクリを理解するようにします。
コンピュータが組み込まれているおもちゃを使って、あるミッションを達成するプログラミングを考えて作っていきます。親子で一緒になって考えて、完成されても構いません。
なお、使用する教材はこちらですべて準備します。使用する教材の一部は持ち帰りができます。

⑦参加費 5,400円

受入れの連絡を受けた後、8月18日(火)までに指定銀行口座へお振込みください。
※指定銀行口座(振込先)については、受入れの連絡の際に通知します。
※振込手数料はご負担願います。
※納金後、自己都合によるキャンセル等の際は参加費の返却はできません。


⑧申込方法

信州大学教育学部HP【教育学部イベント公開講座情報】
「プログラミングってなんだ。とりあえずやってみよう。」 からお申し込みください。


⑨その他

※大学側の対応は、下記別紙1「教員・学生の新型コロナウイルス感染症対応」をご参照ください。
別紙1:「教員・学生の新型コロナウイルス感染症対応」はこちら

※参加される方は、下記の別紙2「新型コロナウイルス感染症対応のお願い」に同意していただきます。
別紙2:「新型コロナウイルス感染症対応のお願い」はこちら

最少催行人数は、3名とさせていただきます。
 参加者が2名以下の場合は開講いたしませんので、予めご了承ください。
※長野県に緊急事態宣言が発令される等の状況によって、中止となる場合があります。
(中止の際はHPに掲載するとともに、電話・メールで直接連絡いたします。)


----------------------------------------------------------

【お申込先】

「プログラミングってなんだ。とりあえずやってみよう。」受講申込サイトはこちら
※2営業日内に仮受付メールが返信されない場合は,平日の受付時間中にお電話ください。
※インターネットを利用できない場合は、平日の受付時間中にお電話ください。
※受け入れの方にのみ、7月29日(水)までにメール等でお知らせいたします。

【申込期間】

令和2年7月1日(水)午前9時~ 7月17日(金)午後5時
※定員を超えるお申し込みがあった場合は、抽選とさせていただきます。
   
   
(お問合せ先)
※緊急を要さない際はメールにてお問い合わせください。
 Mail:nishi@shinshu-u.ac.jp(@は半角に直してください)
※申込受領メールが返信されない場合は、信州大学教育学部庶務係(受付時間:平日 9:00~12:00,13:00~17:00)
 TEL:026(238)4013 FAX:026(234)5540 Mail:koukaied@shinshu-u.ac.jp(@は半角に直してください)

EVENT情報