ホーム > 大学案内 >

信州大学大学院医学系研究科 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

信州大学大学院医学系研究科
学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

信州大学大学院医学系研究科の各課程を修了し、次に該当する者に学位を授与する。

  1. 医学系諸科学における学識と情報収集能力・分析能力、研究技術を備えており、共同もしくは単独で、それぞれの分野における諸課題を解決できる。
  2. 自らの得た成果を世界に向けて発表するグローバルな情報発信能力を有するとともに、国際的な諸課題に積極的に取り組むことができる。
  3. 医学、保健学および関連諸科学の研究に対する理解に基づいた高度な倫理性を持ち、科学的基盤に基づいて医療、医学研究もしくは教育を実践できる。

信州大学大学院医学系研究科医科学専攻修士課程
学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

信州大学大学院医学系研究科医科学専攻の修士課程を修了し、次に該当する者に修士(医科学)の学位を授与する。

  1. 基礎医学および臨床医学に対する基本的知識、技能および技術を修得し、自主的に検討することができる。
  2. 豊かな人間性とコミュニケーション能力を身につけ、国内外に自らの成果を発信できる。
  3. 生涯にわたって課題を探求し、自らの能力・専門性を高めることができる。
  4. 幅広い知識を基盤とし、最新情報を収集・分析することにより、社会のニーズに適応した行動をとることができる。

信州大学大学院医学系研究科医学系専攻
学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

信州大学大学院医学系研究科医学系専攻の博士課程を修了し、次に該当する者に博士(医学)の学位を授与する。

  1. 基礎・臨床医学における深い学識と高度な情報収集能力・分析能力および研究技術を備えている。
  2. その学識・能力・技術を基盤に、自ら課題を見出し、それを解決・展開できる。
  3. その成果を、欧文論文として発表するグローバルな情報発信能力を有する。
  4. 科学的基盤に基づいて先端医療を理解または実践することができる。
  5. 医学研究に対する深い理解に基づいた高度な倫理性を身につけている。
  6. 医学研究を通して人類の繁栄と福祉に貢献することができる。

信州大学大学院医学系研究科疾患予防医科学系専攻
学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

信州大学大学院医学系研究科疾患予防医科学系専攻の博士課程を修了し、次に該当する者に博士(医学)の学位を授与する。

  1. ヒト発生・発達・老化などの基礎的生命現象および諸疾病の先端的知見を理解し基礎研究を遂行する能力、学力、技術等々を有する。
  2. 新規予防あるいは疾病治療の創出と、研究成果を医療そして社会へ還元する能力、学力、技術等々を有する。
  3. 健康推進事業や健康科学啓発をする能力、学力、技術等々を有する。
  4. 予防医療・疾病治療あるいは基礎生命科学分野で必要とされる情報収集・分析能力を有する。
  5. 予防医療・疾病治療あるいは基礎生命科学分野での研究成果を発信できるグローバルな情報発信能力を有する。

信州大学大学院医学系研究科保健学専攻
学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

信州大学大学院医学系研究科保健学専攻の博士前期課程を修了し、次に該当するものに修士(看護学もしくは保健学)の学位を授与する。

  1. 高い倫理観と専門的知識や技術、科学的根拠に基づく臨床問題解決能力などの高度な実践能力を有する。
  2. 保健・医療・福祉の現場において独創的な観点で研究を推進する能力を有する。
  3. 国際的な諸問題に積極的に取り組み、共同研究や活動に参画できる能力を有する。
  4. 地域保健・医療・福祉の実践現場で他の分野と連携して新たな保健医療改革に貢献できる能力を有する。

信州大学大学院医学系研究科保健学専攻の博士後期課程を修了し、次に該当するものに博士(保健学)の学位を授与する。

  1. 保健学の学問体系の確立と発展に寄与し、学際的研究を積極的に推進することにより、世界に向けてその成果を発信できる。
  2. 保健・医療・福祉の分野の教育を行う大学あるいは大学院において教育・研究指導に貢献できる。
  3. 保健・医療・福祉の現場において、高い倫理観と高度な専門知識に基づいた実践能力を持ち、指導的・専門的立場から課題を見つけ、自立的な研究を行うことができる。
  4. 保健医療職者に対して、根拠に基づく実践(Evidence-based Practice)の概念に則ったエビデンスを構築するための質の高い臨床研究方法を指導できる。