教育実習

信州大学教育学部では、「臨床の知」をスローガンにしており、学生は4年間にさまざまな臨床経験科目を履修します。附属学校園は1年次生の「教育臨床入門」、3・4年次生の「教育実習」の場になっています。

教育臨床入門(対象:1年次生)

1年次生が休業日および講義の空き時間を利用して、松本幼稚園・小学校・中学校における教育活動に日常的・継続的に参加し、観察実習や参加実習を通して、観察者である自分のものの見方・考え方を鍛えていきます。教育の重要性や教職の意義に関して広い視野から捉え直し、自分なりの「めざしたい教師像」を描くことができることを目的にしています。

教育実習Ⅰ・Ⅱ(対象:3・4年次生)

3年次生は4週間(教育実習Ⅰ)、4年次生は2週間(教育実習Ⅱ)の教育実習を附属学校園で行います。教育現場で児童生徒の育成に直接携わることを通して、教育の意味や内容・方法を実践的に学び、教員としての資質や能力を高めていきます。実習生との出会いは、附属学校園の子どもや教員にとっても、かけがえのない学びになっています。

教育実習の1日