ホーム > イベント・公開講座一覧 >

イベント・公開講座詳細

イベント・公開講座

8月31日(木)~9月1日(金) イノベーション・ジャパン2017‐大学見本市に出展!

17年08月23日

  信州大学はイノベーション・ジャパン-大学見本市-(期間:2017年8月31日(木)~9月1日(金) 会場:東京ビッグサイト(東京・江東区))に今年も出展します。本展示会は、JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)とNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が主催となり、日本の産学連携を強力に推進するため、国内最大規模の産学マッチングの場として毎年開催されています。企業関係者を対象として出展技術のPRを行い、広く実施企業・共同研究パートナーを募るイベントです。
  JSTが選りすぐった大学等の研究成果約360件が『シーズ展示』として11分野別に展示されます。また、大学見本市出展者が5分程度で技術内容を紹介するショートプレゼンも実施されます。
本学からは下記5名の研究者の研究成果を出展します。
  また、本年度は、従来の研究室・研究者単位による『シーズ展示』に加えて、新たに大型共同研究に向けた大学組織単位による『組織展示』を新たに開催いたします。皆様のご来場をお待ちしております。

 

<シーズ展示>
― 装置・デバイス分野 ―
●工学部 電子情報システム工学科 曽根原 誠 准教授 (ブースNo.M-39)
『UHF帯用平面インダクタの高Q化技術』

― ナノテクノロジー分野 ―
●工学部 物質化学科 酒井 俊郎 准教授 (ブースNo. N-22)
『高純度金属ナノ粒子製造装置』

― ライフサイエンス分野 ―
●繊維学部 寄付研究部門 藤井 敏弘 特任教授 (ブースNo. L-33)
『ブルーライト/LEDによる酸化ダメージと触感の計測ができるバイオ材料の開発』

― 低炭素・エネルギー分野 ―
●繊維学部 Fii施設 水口 仁 特任教授 (ブースNo. E-18)
『バイオマス発電:新規なタール・フリーのガス化システム』

●環境・エネルギー材料科学研究所/繊維学部 杉本 渉 教授 (ブースNo. E-17)
『導電性ナノシート:次世代スーパーキャパシタ・燃料電池触媒の新鋭』

<大学組織展示>
●信州大学先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所 齋藤 直人 所長 (ブースNo. U-16)
『歩行アシストサイボーグ -超高齢化社会を救う体内埋め込み型サイボーグ技術-』

 

詳細は、イノベーション・ジャパン2016‐大学見本市のHPをご覧下さい。 ⇒ https://www.ij2017.com/

 

※昨年度の会場の様子

iij2016-02.png