ホーム > トピックス一覧 >

トピックス詳細

トピックス

先鋭領域融合研究群4人目となるライジングスター教員認定!

17年04月04日

(写真左から)中村理事(研究担当)、是津信行准教授、濱田学長

(写真左から)中村理事(研究担当)、是津信行准教授、濱田学長

平成29年4月3日、信州大学で4人目となるライジングスター認定教員の辞令交付式が行われました。新しくライジングスター認定を受けたのは、先鋭領域融合研究群 環境・エネルギー材料科学研究所の是津信行(ぜっつのぶゆき)学術研究院(工学系)准教授。エネルギー変換材料化学が専門の研究分野で、多くの公的研究費獲得などの実績、教員業績が評価されました。

 

(ライジングスター認定教員とは)
この制度は、同研究群に配置した本学教員の中から、特に優れた若手教員を「ライジングスター(Rising Star, 通称RS)教員」として認定する制度で、意欲的にRS教員間のアイデアや研究交流を活性化し、新学術領域の創成とコア技術を育成するタレントイノベーションを戦略的に推進しています。論文の引用数、科研費の獲得件数、受賞歴など9つの厳しい資格審査項目から2つ以上の項目を満たし、学外学識者による書類審査などの一次審査、さらに二次審査として、学術研究院会議で候補者によるプレゼンテーションなどから、過去、国際ファイバー工学研究所の金翼水(キムイクス)准教授(ナノファイバーの創製)、バイオメディカル研究所の柴祐司講師(再生医療学)、バイオメディカル研究所の増木静江准教授(運動生理学)の3名の教員が選ばれています。RS教員に対しては、基盤研究費の重点支援や研究時間の確保等、高度研究専念を行う上での研究環境を確保するとともに、業績評価への反映等人事面での優遇についても優先的支援を行っています。