中央図書館 中央図書館

貸出・返却

【学外の方の来館サービス再開について(2022.4.1)】
4月1日付けで「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための信州大学の⾏動基準」が引き下げられたことに伴い、限定的ではありますが学外の方への来館サービスを再開いたします。
詳しくは、学外の方の来館利用再開について(4/1~)をご覧ください。

貸出サービスを利用できる方

原則として、来館して貸出手続きと期限内に返却の手続きが可能な満18才以上の方。(高校生は除く)

図書館利用証の申し込み手続き

貸出のための「図書館利用証」を発行します。
氏名、住所、年齢が確認できる書類(運転免許証・身分証明書・健康保険証等)をお持ちいただき、カウンターで申込書に必要事項を記入してください。
申し込みの当日より資料の貸出が可能です。(原則として、図書館利用証のお渡しは申し込みの翌日以降になりますが、当日の発行を希望される方はなるべく平日17時までにお越しください。)
有効期限は発行日から3年間です。継続してご利用になる場合は、更新手続きのため、利用証を持ってカウンターへお越しください。
図書館利用証発行後に住所・連絡先を変更された方は必ずご連絡ください。

図書館利用証は信州大学附属図書館の全館で共通して利用できます。

貸出冊数および貸出期間

一般市民の方:貸出冊数2冊、貸出期間14日間
研究生・聴講生・卒業生の方:貸出冊数5冊、貸出期間14日間

貸出できる資料

館内に開架している一般貸出対象資料。

  • 北1階書庫の資料は職員が出納します。平日9:00~17:00にお越しください。

下記の資料は貸出できません。

  • レファレンスブック(辞書、事典、図鑑、ハンドブック等)
  • 雑誌(製本雑誌を含む)
  • 新聞、電子情報資料
  • 特別資料室の資料
  • シラバス掲載図書(「指定書」シールが貼ってあるもの)
  • その他「禁帯出」シールが貼ってあるもの

貸出サービス利用にあたっての注意事項

  • 資料の貸出には図書館利用証が必要です。来館時には必ずお持ちください。
  • 貸出および返却の手続きは、必ず本人がカウンターで行ってください。トラブルの原因となりますので、返却を別の方にお願いすることはおやめください。

貸出期間の延長について

返却期限内であり、予約者がいなければ、1回に限り延長ができます。
手続きをした日から14日間の延長となります。
延長したい資料と図書館利用証を持って中央図書館カウンターへお越しください。

返却について

カウンターまたは図書館入口横のブックポストに返却してください。利用証は必要ありません。
ブックポストには、図書館が閉館中でも返却することができます。
信州大学内の他の図書館で貸出を受けた資料も返却できます。カウンターでその旨お伝えください。

返却期限に遅れた場合

返却期限日に遅れたときは、遅れた日数と同じ期間、次の貸出を受けられません。
期限までに必ず返却してください。

資料の紛失・汚損等

資料を紛失・汚損した場合は、速やかにお知らせください。弁償をお願いすることがあります。

信州大学内からの取り寄せ・予約

取り寄せ

利用したい資料が信州大学内の他の図書館にある場合は、無料で取り寄せることができます。カウンターへお問い合わせください。
資料が到着し次第ご連絡し、1週間カウンターに取りおきます。

予約

利用したい資料が貸出中の場合は、予約ができます。カウンターへお問い合わせください。
資料が返却され次第ご連絡し、1週間カウンターに取りおきます。

連携図書館について

中央図書館は、松本市・塩尻市・安曇野市・大町市と連携しています。
4市図書館(中央図書館または本館)と信州大学中央図書館は、資料を相互に返却できます。 4市の本を返却するときは、カウンターへお持ちください。