英米言語文化コース

英米言語文化コース

英米言語文化コースは、イギリス、アメリカをはじめとする英語圏の言語や文化を広く学ぶことを通して、国際社会にふさわしい英語運用能力を養い、それを土台に異文化への理解を深め、思索力、構想力、開拓力、コミュニケーション・リテラシー、批判力を鍛えて、現代社会で活躍できる人材を育成します。

教員紹介

イベント BLOG

一覧を見る

第9回多文化交流サロン ウールヴァル・ブラガソン教授講演「『高き者の言葉』〜北欧の神オージンによる格言詩」(原題 'Hávamál: The Sayings of Óðinn')

英米言語文化コース・教員 BLOG

一覧を見る

2020年度英語学分野秋期講演会 (Online)+英語学分野学生研究発表会の開催

英米言語文化コース 伊藤 盡


2020年度英語学分野秋期講演会 (Online)+英語学分野学生研究発表会の開催

英米言語文化コース 


三浦久 Hisashi Miura 祈りの歌

英米言語文化コース 杉野 健太郎


2019年度 英語学フォーラム開催の報告

英米言語文化コース 

コース紹介

英語学/ 英米文学

英米言語文化コースでは、英語学、英米文学、英米映画研究など、英米言語文化に関連する幅広い研究領域が展開されています。本コースに所属する学生は、自らが所属する研究室において専門知識を深めると同時に、コース全体で展開されている隣接分野を学ぶことでより多角的に英米言語文化について捉えることを目指します。
① 英語の史的変化、語彙論、意味論、英語の伝わる言語学的仕組み、英語と社会とのかかわりなどについて学び、英語をめぐる数々の謎を発見し、各人が調査・分析を行います。
② 英米の文学、映画を中心に数多くの作品に触れることで芸術「作品」をより深く観賞する力を養うとともに、「テクスト」として精緻に分析し、批判的に読み解く力を培います。
③ 取り扱う対象にかかわらず、分析をもとに自分の考えを日本語および英語で論理的に表現する力も鍛えていきます。
④ 大学での学びの集大成となる卒業論文では、教員の指導のもと、上記の方法論を用いて先人の英知を批判的に継承し、大学での学びの集大成を図ります。

他のコースも見る

ページの先頭へもどる