信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 国際交流・留学
  3. 体験報告
  4. [COIL][イタリア]

国際交流・留学

[COIL][イタリア]

2020年08月03日 国際共修

 新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的な感染拡大により、国内外の大学では学生の海外派遣および留学生の受入を延期・中止が余儀なくされています。こうしたなか、本学部では、新たな国際交流の取り組みとして、ICTを活用した学生交流を開始しました。
 初回となる2020年8月3日には、本学が2018年8月に協定を締結したイタリア北部のトリエステ大学医学部・生命科学部と、双方の学生によるプレゼンテーションを行いました。
「COVID-19により、私たちの日常生活や学生生活はどのように変わったか。政府はどのように対応しているか」など、医学生ならではの視点から報告し、イタリアと日本における状況の相違点について議論しました。
 信州大学は、次世代戦略プロジェクトとして、国際共修の新たなる展開に力を入れており、当日は、本学部教職員に加え、本学グローバル化推進センターの教員も参加し、両国医学部生の共修を見守りました。
 本学部では、今後も他の欧米圏やアジア圏の協定校と同様の取り組みを計画し、学生へ新たな学習機会を提供したいと考えています。



    参加学生の声

 「めまぐるしく変わっていく生活状況についてのプレゼン準備は予想以上に難しく印象的でした。準備にあたり、世界各国や日本の感染者数の動きを見て状況を考察することや外務省の対応についてよく知ることができ、有意義な時間になりました。 春にニュースなどでイタリアの状況を聞いて心配だったため、当日トリエステ大学の先生方や学生の方々とお会いできとても嬉しかったです。イタリアやトリエステの状況も知ることができ良かったです。」



    参加者
 
◆信州大学


 医学部国際交流推進室・学生交流チーム


国際交流推進室長・加齢生物学教室教授 樋口京一
国際交流推進室副室長・代謝制御学教室准教授 田中直樹
医学教育研修センター 教育部門長・講師 森淳一郎
附属病院医療安全管理室・医学教育研修センター 助教 清水郁夫
国際交流推進室コーディネーター 小菅美佳、平澤真由美


 医学部医学科4年(プレゼンター)佐々木志織、田尻紗和子、5年 善方葉泉
 

 グローバル化推進センター


助教 仙石祐、助教 アマンダ・シェッツェ




 生命科学部


教授 Gabriele Stocco
研究者 Elena Genova
修士1年 Martina Ceconi


 医学部


教授 Giuliana Decorti
医学部5年(プレゼンター)Leonardo Capitanio、Simone Giugliarelli





UniTS_01.jpgUniTS_02.jpgUniTS_03.jpg

 一覧に戻る