信州大学

イベント



講義

2011年12月01日
■GCOE■特別講演会開催のお知らせ
講師:京都工芸繊維大学 / 助教授 小林 治樹 先生 
【開催日:2011年12月6日】

グローバルCOE 「国際ファイバー工学教育研究拠点」では、繊維学部で開催されるICAFTM2011 / APCC2011に先立ちまして、招待講演者である京都工芸繊維大学 助教授 小林 治樹 先生をお招きし、特別講演会を下記のとおり開催いたします。

* 国際ファイバー工学コース履修学生は可能な限り、この国際特別講演会への参加をお願い致します。



                 記

講師 : 京都工芸繊維大学 
     助教授 小林 治樹 先生

題目 : 「ポリエチレンテレフタレートの破壊挙動に及ぼす多層カーボンナノチューブ添加の影響」

日時 : 2011年12月6日(火) 17:00〜

場所 : 信州大学繊維学部 講義棟1階 10番講義室

問い合わせ : 信州大学繊維学部 GCEO 事務局
        gcoe@shinshu-u.ac.jp

内容:多層カーボンナノチューブ/ポリエチレンテレフタレート系複合材料フィルムについて引張試験を行うと,多層カーボンナノチューブの添加量1 wt%程度の試験片においても破壊靭性の増加効果がみられる.
本講演では、破壊刃性増加の原因に関してEssential Work of Fracture法による破壊靭性評価およびシンクロトロン放射光を用いた時分割小角X線散乱測定から検討した研究結果を紹介する。

多数ご参加いただけますようお願い致します



開催日 2011.12.6
開催時間 17:00〜