職場環境

信大病院薬剤部には、子育て中の薬剤師がたくさんいます。
イクメン薬剤師もいれば、子育て奮闘中のママさん薬剤師も
働いています。4名の子育て中の薬剤部員に、職場の環境や
仕事と家庭(育児)の両立について話を聞いてみました。

  • 村井健太郎
    さん

    二児の父

  • 岩本有紀さん

    一児の母

  • 塩澤彩香さん

    一児の母

  • 竹澤崇さん

    二児の父

聞き手
子育て中の薬剤師として、どのような制度を利用していますか?
村井さん
子供を保育園に預けていると、インフルエンザや風邪をもらってくることってありますよね。そうすると、保育園を休むために自分も仕事を休まなければいけないんですが、そういう時に「子の看護のための休暇」というものを取得します。年次休暇、いわゆる有休とは別枠で取得できるので、ありがたいですね。
聞き手
仕事と家庭(育児)を両立していくために、どのような工夫をしていますか?
村井さん
保育園への送り迎えは、妻と半分にしています。基本的には僕が保育園に送って、妻が迎えに行っていますが、妻が仕事で遅くなる日は、担当を交代して僕が迎えに行きます。
聞き手
休日やプライベートはどのように過ごしていますか?
村井さん
子供と遊ぶことが多いですが、ある意味、仕事より疲れます(笑)。夏休みには家族で沖縄旅行に行ったりしますね。夏休みはいつでもとれるので、シーズンを避けて行けるからおトクなんです。
聞き手
最後に、信大病院薬剤部への就職を考えている薬学生や薬剤師に、ひとことお願いします。
村井さん
休暇のとりやすい職場環境は、子育て中の自分にとってほんとに助かっています。敷地内に保育園があり、施設内には病後児保育所もあるので、将来的に子育てしながら仕事もしたいという人にとっても、不便なく働けるんじゃないかと思います。

閉じる

聞き手
子育て中の薬剤師として、どのような制度を利用していますか?
岩本さん
時短制度を利用しています。
聞き手
仕事と家庭(育児)を両立していくために、どのような工夫をしていますか?
岩本さん
家事は適度に手を抜いています。例えば、掃除機は休日のみで、平日は軽く拭くくらいにしています。おかずを休日にまとめて作り冷凍することもあります。疲れた時は、スーパーのお惣菜や冷凍食品も利用しています。もちろん主人も家事、育児を手伝っており、ゴミ出し、お風呂掃除は主人の仕事です。
聞き手
休日やプライベートはどのように過ごしていますか?
岩本さん
お買いものに行ったり、一週間分の離乳食を作ったり、平日の夕飯の下ごしらえをしています。平日にできない分、休日に掃除をしています。あと、子供と遊んだり、お昼寝をしたりです
聞き手
最後に、信大病院薬剤部への就職を考えている薬学生や薬剤師に、ひとことお願いします。
岩本さん
育児に協力的で、急なお休みでも周りがサポートしてくれるし、「お子さんを第一に考えて」と言ってくださる良い職場です。ここで働いているお母さんはまだ少ないですが、結婚・育児をしていても働きやすい職場を作っていこうと思っています。

薬剤師の仕事 写真

閉じる

聞き手
子育て中の薬剤師として、どのような制度を利用していますか?
塩澤さん
現在は短時間勤務で働かせていただいています。また、子供が体調を崩したときは看護休暇を利用しています。その他にも、夜勤の免除など私の希望に沿った勤務形態にしていただいています 。
聞き手
仕事と家庭(育児)を両立していくために、どのような工夫をしていますか?
塩澤さん
夫も同じ職場なので、保育園への送りは夫にお願いして、朝に時短勤を取らせていただいています。一人で家事をすることができるので短時間でもはかどります。あとは、自分のペースを守ることを心がけています。職場のみなさんがとても理解があるため、特にこれといった工夫をしなくても、両立することが可能になっていると思います。大変ありがたい職場であると実感しています。
聞き手
休日やプライベートはどのように過ごしていますか?
塩澤さん
平日は仕事で離れている時間が多いため、休日は一緒にいたくて子どもとべったりしています。たまに、子供にうざがられていますが。。。家族にお願いして、一人で出かける時間を作ってもらうこともあります。気分転換が重要かなと考えています。
聞き手
最後に、信大病院薬剤部への就職を考えている薬学生や薬剤師に、ひとことお願いします。
塩澤さん
若手が多い職場であるため、早いうちからいろいろなことにチャレンジすることができます。いろいろな経験を積むことができる職場です。私自身、結婚出産、特に出産を控えたとき、育児休暇か ら復帰するときは不安しかありませんでした。しかし、復帰前に何度も要望を聞くために話し合いの場を設けていただき、望む勤務形態での復帰がかないました。さらに、実際に一緒に仕事をしている薬剤師のみなさんがとても協力してくださるので、ストレスなく仕事が続けられています。信大病院薬剤部は結婚出産を経ても、自身のペースでキャリアを積み重ねていける職場だなぁと思います。

薬剤師の仕事 写真

閉じる

聞き手
子育て中の薬剤師として、どのような制度を利用していますか?
竹澤さん
子供の入学式や運動会などの行事に合わせて有休をとっています。また、子供が急に体調を崩した際も、早退や休暇が取れるよう配慮していただいています。
聞き手
仕事と家庭(育児)を両立していくために、どのような工夫をしていますか?
竹澤さん
妻も医療関係者であり、お互いの業務の状況を見ながら半日ずつ休暇をとったりするなどの工夫をしています。
聞き手
休日やプライベートはどのように過ごしていますか?
竹澤さん
子供と触れ合う時間をできるだけ確保するようにしています。休日は買い物や公園に行ったりして、親も子供と一緒になって遊んでいます。
聞き手
最後に、信大病院薬剤部への就職を考えている薬学生や薬剤師に、ひとことお願いします。
竹澤さん
家庭を持ちながら就労することは大変ですが、同世代の子供がいる薬剤部員も多く、気軽に相談できる環境が整っています。

閉じる

ページトップへ戻る