信州大学附属図書館 信州大学附属図書館

研究データ管理基盤「GakuNin RDM」の利用について

GakuNin RDMとは

GakuNin RDMは、国立情報学研究所が運営するサービスで、非公開で安全な環境に研究データを保存しつつ、作成・修正・削除の記録を管理したり、限られたメンバーで共有したりといった、研究データの運用に便利な機能を備えています。クラウドのため、テレワークや出張時にも、研究室と変わらない環境で利用できます。1人あたり100GB※が標準で利用できるほか、他の外部ストレージ(Dropbox等)を追加で連携させることも可能です。また、今後、研究データを機関リポジトリ(SOAR-IR)で公開するための連携機能も実装を予定しています。

※2021/5/24に、GakuNin RDM ユーザーサポートサイトにおいて、1TB→100GBに変更されました。

利用できる方

信州大学の業務IDをお持ちの教職員及び信州大学の学籍番号をお持ちの学生が利用できます。

利用方法

  1. GakuNin RDMにアクセスし、「信州大学」を「選択」してログインする。ACSUの認証画面が表示されたら、業務IDまたは学籍番号でログインする。
  2. 【初回のみ】利用規約への同意、メールアドレスの登録、プロフィールの編集を行う。(プロフィールは随時変更可能)
  3. 研究データを保存する「プロジェクト」を作成して、研究データを登録する。
    プロジェクトは複数作ることができる。また、他の研究者(GakuNin RDMユーザ)をプロジェクトのメンバーに加えることで、データを共有することができる。

マニュアル

GakuNin RDM ユーザーサポートサイトにて公開されています。

活用事例(参考)

国立情報学研究所が、GakuNin RDM事例紹介動画を公開しています。活用の参考にしてください。

要項

信州大学における国立情報学研究所研究データ管理基盤サービス利用に関する要項 (PDF 432KB)

お問い合わせ先

附属図書館情報システムグループ
library-soar2@shinshu-u.ac.jp