信州大学HOME

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 国立研究開発法人国立長寿医療研究センターとの包括連携協定締結

トピックス

国立研究開発法人国立長寿医療研究センターとの包括連携協定締結

2021年04月12日 [報告]

信州大学と国立研究開発法人国立長寿医療研究センターとは、包括連携協定を締結し、令和3年度4月より発効いたしました。これは、医学部医学科加齢生物学教室の樋口京一教授(現、特任教授)が国立長寿医療研究センターと長年にわたり進めてこられた連携大学院協定を発展させたもので、診療や研究を含む総合的な連携を企図しています。

国立長寿医療研究センターは、愛知県大府市にある日本で6番目のナショナルセンター(国立高度専門医療センター)で、健康長寿をテーマとして、認知症、フレイル、ロコモティブシンドロームを中心に、研究・診療を行っています。超高齢化社会の日本の医療課題を解決するため、長寿県の長野で得られた信州大学の研究成果と国立長寿医療研究センターの取り組みが有機的に結びつき、イノベーションへとつながることが期待されます。


210331_kyoutei.jpg


写真(調印式:コロナ禍のため各所で行いました)
集合写真は左から、信州大学:樋口京一教授、濱田州博学長、中山淳医学部長、沢村達也教授
国立長寿医療研究センター:松原德和企画戦略局長、荒井秀典理事長、新飯田俊平研究所長、島田裕之老年学・社会科学研究センター長

 一覧に戻る 

  • お知らせ一覧
  • イベント公開講座一覧
  • トピックス一覧
    カテゴリ別
    月別でみる
    RSSを取得する
    RSSフィード
医学科 保健学科

大学院医学系研究科

修士課程

医科学専攻
保健学専攻

大学院総合医理工学研究科

博士課程

医学系専攻
生命医工学専攻

入試情報を見る

国際交流・留学

医学科
保健学科

  • 信州大学医学教育センター
  • 信州大学卒臨床研修センター
  • 信大医学部附属病院
  • 医学部地域保健推進センター
  • 臨床研究審査委員会/医倫理委員会/遺伝子解析倫理委員会
  • 研究者総覧SOAR
  • 医学部附属施設・関連団体
  • 信州医学雑誌