NEWS

UAE大使が信州大COI拠点を訪問 協力の可能性探る

 アラブ首長国連邦(UAE)のカリド・アルアメリ大使ら一行が3月7日、アクア・イノベーション拠点の中核施設である信州大学国際科学イノベーションセンター(AICS)を訪れ、プロジェクト関係者と交流しました。アルアメリ大使は、海水淡水化のコストを減らすアクア・イノベーション拠点の取り組みに関心を持ち、「飲み水の安定確保はわが国にとって優先度の高い課題であり、プロジェクトに期待している」とコメントしています。  訪れたのは、東京都渋谷区のUAE大使館のアルアメリ大使、オムラン・タリヤム書記官(経済部長)、品川純世さん(教育・文化担当)の三人で、アクア・イノベーション拠点の研究リーダー、遠藤守信特別特

続きを読む

アクア・イノベーション拠点 第4回シンポジウムを開催 2017年2月16日

アクア・イノベーション拠点が主催する第4回シンポジウムが2月16日、信州大学長野(工学)キャンパス内の国際科学イノベーションセンター(AICS)で開かれ、信州大や県内外の企業関係者ら140人が出席しました。 プロジェクトが始まってすぐに開かれたキックオフシンポジウムから数えて4回目となる今回は、本プロジェクトの発足にかかわった3人による特別、基調講演を行い、間もなく折り返しの年を迎えるプロジェクトに対する新たな示唆を得る狙いがあります。 リオ五輪でシンクロナイズドスイミング団体・銅メダルを獲得した箱山愛香さん(長野市)による招待講演に続き、本プロジェクトの発足にかかわった文部科学省の土屋定之・

続きを読む

アクア・イノベーション拠点の成果と食品関連企業への展開可能性について発表 2016年12月8日、長野県食品加工技術研究会で

県内の食品加工業者などで組織する県食品加工技術研究会(竹内正彦会長)と県テクノ財団善光寺バレー地域センターが共催する「食品加工技術セミナー」が12月8日、長野市栗田の県工業技術総合センター食品技術部門で開かれ、当拠点URAの土井達也・信州大助教が「信州大学アクア・イノベーション拠点における新規水処理膜の開発とその食品加工プロセス応用の可能性」と題して発表しました。 土井助教は、既存の食品加工プロセスにおける膜利用の実態、膜利用のベネフィット・課題等の概説のち、当拠点のカーボンナノチューブ/ポリアミド複合膜の特徴である、耐塩素性・耐ファウリング性・高透水性・高脱塩性を食品プロセスに活用する可能性

続きを読む