NEWS

~海水淡水化システムの低コスト化に貢献~『 新規多層カーボンナノチューブ-ポリアミドナノ複合逆浸透(RO)膜の耐ファウリング性発現メカニズムを解明』  

信州大学アクア・イノベーション拠点の研究成果として論文「Antiorganic Fouling and Low-Protein Adhesion on Reverse-Osmosis Membranes Made of Carbon Nanotubes and Polyamide Nanocomposite」が米化学会誌「Applied Materials & Interfaces」に掲載されました。 本研究のポイントは、実験と分子動力学法を用いた理論的アプローチにより、新規に開発した多層カーボンナノチューブ(MWCNT)-ポリアミド(PA)ナノ複合RO膜にタンパク質(BSA)の汚れがつきにく

続きを読む

AICSで地域再生可能エネルギー国際会議2017が開催されました 2017年9月7日・8日

9月7日(木)と8日(金)の2日間にかけて、AICSで「地域再生可能エネルギー国際会議2017」が開催されました。 同会議は長野県、環境省、イクレイ(持続可能性をめざす自治体協議会)が主催し本学が共催するもので、再生可能エネルギーの普及拡大を目指す地方自治体の課題解決のため、2007 年から欧州で開催されてきましたが、第8回となる今回、初めて日本で開催されることとなり、AICSが会場として選ばれました。 詳細は以下のURLよりご覧いただけます。 (国際科学イノベーションセンターHP) http://www.shinshu-u.ac.jp/centerforinnovation/news/201

続きを読む

東京ビックサイトで開催されたJSTフェア2017に出展 2017年8月31日・9月1日

2017年8月31日と9月1日の両日、東京ビックサイトで開催された「JSTフェア2017 ~科学技術による未来の産業創造展~」にブース出展し、ブースを訪れた方々に拠点の取り組みと最新の成果を紹介しました。 JSTフェア2017は、JST(科学技術振興機構)とNEDO(新エネルギー・産業技術開発機構)が主催する「イノベーションジャパン2017〜大学見本市&ビジネスマッチング」と同時開催するもので、JST発の研究開発成果が一堂に会する大イベントです。 アクア・イノベーション拠点は東1ホールに設置された、センター・オブ・イノベーション(COI)プログラムのコーナーに出展。最新の研究成果をパネル

続きを読む