信州大学

ActivityActivity

これまでに開催したRISMセミナー(第61回~)

2024.03.29

第69回 RISMセミナー by 小川誠 教授(VISTEC) テーマ:無機材料、高分子材料日 時:2024年3月22日(金)講師・タイトル    小川 誠 教授(タイ Vidyasirimedhi Institute of Science and Technology)      「無機ナノ粒子との複合化による高分子材料の機能設計」講演概要:こちら 第68回 RISMセミナー by Dr. Fe


詳細を見る

酸化グラフェンの特性管理法の開発

2024.03.22

酸化グラフェンの特性管理法の開発
GOコロイド溶液の25℃~75℃における時間変化

 先鋭材料研究所の金子特別特任教授、大塚特任助教らの研究グループは長崎大学、三和油化工業株式会社、トヨタ自動車株式会社、バニャルカ大学、ニューヨーク市立大学との共同研究で光吸収スペクトル測定によるGOの状態判別方法を開発しました。GOの還元体がタッチスクリーン、バッテリー、太陽電池やバイオサイエンスの分野などで更なる応用が期待され、市場規模の成長が続いている先進材料のGOですが、時間の経過とともに


詳細を見る

古山教授の研究が日経サイエンス1月号に特集されました

2023.12.12

古山教授の研究が日経サイエンス1月号に特集されました

 本研究所の古山通久教授と共同研究者北川宏教授(京都大学)の研究が日経サイエンス2024年1月号で特集されました。原子レベルで均一に混合させると、元の元素の特性と異なる新しい個性を持つ物質が生まれる"現代の錬金術"の研究について紹介されています。古山教授はこの研究でスーパーコンピューターを用いた第一原理計算で原子の電子状態を解明しました。本研究は、Journal of American Chemi


詳細を見る

堂免特別特任教授、久富教授が高被引用論文著者に選出されました

2023.11.17

堂免特別特任教授、久富教授が高被引用論文著者に選出されました

 本研究所の堂免一成特別特任教授、久富隆史教授がクラリベイト社の2023年Highly Cited Researchersに選出されました。堂免教授は7年連続、久富教授は昨年に続いて2回目の選出になります。2023年は世界中の1300の機関から6849人が選出されました。堂免教授は化学の分野、久富教授は横断分野での選出になりました。また、本研究所の共同研究者のTerrones特別招へい教授、Pat


詳細を見る

これまでに開催したRISMセミナー(第41回~60回)

2023.10.06

第60回 Biodegradable Vegan Networks from Recycled Agro-food Waste as Sustainable Single-use Absorbents テーマ:生分解、マテリアル、リサイクル、サステナブル、日 時:2023年10月5日(木) 講師・タイトル:Dr. Antonio Capezza    (Dept. of Fiber and Plo


詳細を見る

Recent Entries
Archives