信州大学

ResearchResearch

フラックス結晶研究部門

フラックス結晶研究部門

フラックス結晶材料およびその関連材料・技術を研究基盤に据え,環境・バイオあるいはエネルギー問題解決に資する新材料やデバイスを創製する。特に,超空間・表界面制御をキーワードとし,フラックス結晶育成自体を超高度デザインし,計算科学からシステム開発まで垂直連携体制のもと,世界に伍するニッチフロンティアを拓く。また,フラックス結晶育成の学理を構築し,オンリーワン&ナンバーワンのグローバルフラックスサイエンス拠点を築く。




目標
・フラックス結晶材料を社会実装する。
ニッチサイエンスながらも信州大学が強みをもつフラックス結晶育成技術を基幹技術とし,次世代蓄電池材料,可視光応答光触媒材料,無機イオン交換材料および高次元複合体用機能材料として社会実装を目指すフラックス結晶育成に取り組む。

・先鋭的フラックス結晶材料を創製する。
フラックス結晶の超空間や表・相界面を原子・分子レベルで設計し,革新的な機能の発現を目指す。

・フラックス結晶研究学理の体系化を目指す。
計算科学や機械学習・AI,ならびに高精緻/高精細・オペランド(その場観察)分析を導入し,経験に因らないフラックス結晶育成技術を深耕し,フラックス結晶育成の学理体系化に挑戦する(端緒に立つ)。

メンバー