信州大学HOME

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 勝家志歩 医員(信州大学医学部附属病院 皮膚科)が第121回日本皮膚科学会総会において、優秀演題賞を受賞しました

トピックス

勝家志歩 医員(信州大学医学部附属病院 皮膚科)が第121回日本皮膚科学会総会において、優秀演題賞を受賞しました

2022年06月14日 [受賞]

 2022年6月2−5日に京都市で開催された第121回日本皮膚科学会総会において、信州大学医学部附属病院 皮膚科の勝家志歩 医員が、優秀演題賞を受賞しました。

 この賞は、同学会で発表された一般演題の中から、優れた演題に対して授与されるものです。

 本発表では、頭部原発のアポクリン癌の症例発表とともに、同腫瘍におけるHRAS G13Rを同定し、脂腺母斑から発生した二次性腫瘍であることを裏付ける結果を示しました。また、自施設で経験したde novo発生のアポクリン癌3例も同様に検討したところ、いずれも野生型でした。脂腺母斑にはHRASやKRAS変異が知られており、そのうちHRAS G13Rは高頻度です。本研究により、アポクリン癌におけるde novo発生あるいは二次性の鑑別にRAS変異検索の有用性を示した点が評価されました。


第121回日本皮膚科学会総会の受賞発表ページ
https://jda121.jp/program.html

 一覧に戻る 

  • お知らせ一覧
  • イベント公開講座一覧
  • トピックス一覧
    カテゴリ別
    月別でみる
    RSSを取得する
    RSSフィード
医学科 保健学科

大学院医学系研究科

修士課程

医科学専攻
保健学専攻

大学院総合医理工学研究科

博士課程

医学系専攻
生命医工学専攻

入試情報を見る

国際交流・留学

医学科
保健学科

  • 信州大学医学教育センター
  • 信州大学卒臨床研修センター
  • 信大医学部附属病院
  • 医学部地域保健推進センター
  • 臨床研究審査委員会/医倫理委員会/遺伝子解析倫理委員会
  • 研究者総覧SOAR
  • 医学部附属施設・関連団体
  • 信州医学雑誌