信州大学HOME

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 医学部循環器内科学教室 桑原宏一郎教授、分子薬理学教室 山田充彦教授、京都大学大学院医学研究科循環器内科学 中川靖章助教らのグループが心不全の新たな発症・進展メカニズムを解明しました

トピックス

医学部循環器内科学教室 桑原宏一郎教授、分子薬理学教室 山田充彦教授、京都大学大学院医学研究科循環器内科学 中川靖章助教らのグループが心不全の新たな発症・進展メカニズムを解明しました

2021年12月15日 [研究]

 医学部循環器内科学教室 桑原宏一郎教授、分子薬理学教室 山田充彦教授、京都大学大学院医学研究科循環器内科学 中川靖章助教らのグループはミシガン大学、順天堂大学などとの共同研究により心不全の新たな発症・進展メカニズムを解明しました。この研究成果は2021年12月8日に「Circulation Research (IF:17.367)」のオンライン版に掲載されました。
 心不全は予後不良の疾患症候群であり、本邦でもその患者が増加していることから、心不全の病態解明に基づく新規治療薬の開発が望まれています。今回研究グループは、転写抑制因子NRSFにより制御され不全心において発現亢進する遺伝子GNAO1の発現抑制が複数のマウス心不全モデルにおいてその病態を改善すること、逆に心筋におけるGNAO1の過剰発現は心機能低下を引き起こすことを見出しました。またGNAO1が心不全にかかわるメカニズムとして、GNAO1によりコードされるタンパク質Gαoの発現亢進が心筋表面細胞膜におけるL型カルシウムチャネルの活性を上昇させることで心筋細胞内での病的カルシウムシグナル経路の活性化とカルシウムイオン調節恒常性破綻をきたすことを見出し、Gαoの病的ストレスによる心筋での発現亢進が心不全の発症・進展にかかわっていることを世界で初めて明らかにしました。本研究は心不全の新しい治療薬開発に役立つことが期待されます。

 一覧に戻る 

  • お知らせ一覧
  • イベント公開講座一覧
  • トピックス一覧
    カテゴリ別
    月別でみる
    RSSを取得する
    RSSフィード
医学科 保健学科

大学院医学系研究科

修士課程

医科学専攻
保健学専攻

大学院総合医理工学研究科

博士課程

医学系専攻
生命医工学専攻

入試情報を見る

国際交流・留学

医学科
保健学科

  • 信州大学医学教育センター
  • 信州大学卒臨床研修センター
  • 信大医学部附属病院
  • 医学部地域保健推進センター
  • 臨床研究審査委員会/医倫理委員会/遺伝子解析倫理委員会
  • 研究者総覧SOAR
  • 医学部附属施設・関連団体
  • 信州医学雑誌