信州大学HOME

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 大学院医学系研究科疾患予防医科学系専攻 代謝制御学教室の Jia Fangping さんが、脂肪肝からの肝腫瘍の予防に食事制限が有用であるメカニズムを解明し、その結果が Liver Cancer 誌に掲載されました

トピックス

大学院医学系研究科疾患予防医科学系専攻 代謝制御学教室の Jia Fangping さんが、脂肪肝からの肝腫瘍の予防に食事制限が有用であるメカニズムを解明し、その結果が Liver Cancer 誌に掲載されました

2020年10月20日 [研究]

 食生活の変化や運動不足に伴い、我が国でも肥満やメタボリック症候群、脂肪肝からの肝癌が増加しています。それでは、食べる量を減らすことにより、脂肪肝からの肝癌を予防できるのでしょうか。代謝制御学教室の大学院博士課程4年生 Jia Fangping さん、田中 直樹 准教授らの研究グループは、30%食事量制限(通常の7割食、腹7分目)によりマウスの脂肪肝由来の肝腫瘍を抑制するメカニズムを解明し、その結果が Liver Cancer 誌に掲載されました。
 脂肪肝、インスリン抵抗性から肝腫瘍が自然発生する HCV コア蛋白トランスジェニックマウスに 30%食事量制限を 15か月間施したところ、肝腫瘍発生率が 41%から 8%に低下しました。食事量を減らすことにより、肝発癌に関連する STAT3、STAT5、ERKなどの細胞増殖経路、酸化・小胞体ストレス、炎症シグナル、細胞老化が抑制されていました。本研究を通して、脂肪肝、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、メタボリック症候群を有する方に対して、「腹7分目」をお勧めする根拠を示すことができました。
 中国にも 「饭吃七分饱、健康活到老(7分目の食事で、長く健康に暮らしましょう)」 という諺があるそうです。「腹7分目で医者いらず」、食べ過ぎ、太り過ぎを解消して健康長寿を目指したいものです。


掲載誌: Liver Cancer 2020;9:529-548
タイトル: Dietary Restriction Suppresses Steatosis-Associated Hepatic Tumorigenesis in Hepatitis C Virus Core Gene Transgenic Mice
著者名: 賈 芳萍、刁 盼、王 暁経、胡 暁、木村 岳史、中牟田 誠、中村 伊吹、城取 沙紀、佐藤 佳子、森屋 恭爾、小池 和彦、Frank J. Gonzalez、中山 淳、青山 俊文、田中 直樹*(*責任著者)
URLはこちら→ https://www.karger.com/Article/FullText/508308

 一覧に戻る 

  • お知らせ一覧
  • イベント公開講座一覧
  • トピックス一覧
    カテゴリ別
    月別でみる
    RSSを取得する
    RSSフィード
医学科 保健学科

大学院医学系研究科

修士課程

医科学専攻
保健学専攻

大学院総合医理工学研究科

博士課程

医学系専攻
生命医工学専攻

入試情報を見る
  • 国際交流・留学
  • 信州大学医学教育センター
  • 信州大学卒臨床研修センター
  • 信大医学部附属病院
  • 医学部地域保健推進センター
  • 臨床研究審査委員会/医倫理委員会/遺伝子解析倫理委員会
  • 研究者総覧SOAR
  • 医学部附属施設・関連団体
  • 信州医学雑誌