信州大学HOME

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 代謝制御学教室の 田中直樹 准教授が第23回日本病態栄養学会年次学術集会において若手研究会長賞を受賞しました

トピックス

代謝制御学教室の 田中直樹 准教授が第23回日本病態栄養学会年次学術集会において若手研究会長賞を受賞しました

2020年02月28日 [受賞][研究]

左から、王暁経 さん(博士4年)、田中直樹 准教授、Diao Pan さん(修士2年)
左から、王暁経 さん(博士4年)、田中直樹 准教授、Diao Pan さん(修士2年)

代謝制御学教室の 田中直樹 准教授が、2020年1月24~26日に国立京都国際会館で開催された第23回日本病態栄養学会年次学術集会において、若手研究会長賞 を受賞しました。受賞演題タイトルは「C型肝炎ウイルスによる脂肪肝・肝癌発症に対する食事中脂質の影響」です。


研究概要: コレステロールや飽和脂肪酸の多い食事は体に有害であると何となく知っています。コレステロールと飽和脂肪酸は同じ脂肪ですが、肝臓に与える影響は異なるのでしょうか。我々はカロリーを同じにし、コレステロール、飽和脂肪酸を増やした餌をC型肝炎コア蛋白トランスジェニックマウスにそれぞれ投与しました。どちらの食事でも肝腫瘍の発生頻度が増えますが、コレステロール食では飽和脂肪酸食に比し肝炎、酸化ストレス、肝線維化が顕著でありました。一方、飽和脂肪酸食ではコレステロール食に比し脂肪肝、細胞増殖シグナルの亢進が顕著でした。このように、同じ脂肪でも肝臓に与える影響は大きく異なっており、高脂肪食負荷の病態解析では食事中脂肪の質の影響にも注意する必要があると考えられました。この研究は大学院生の 王暁経 さん(博士4年)、Diao Pan さん(修士2年)と一緒に行ってきました。この場を借りまして深謝致します。(田中直樹)

 一覧に戻る 

  • お知らせ一覧
  • イベント公開講座一覧
  • トピックス一覧
    カテゴリ別
    月別でみる
    RSSを取得する
    RSSフィード
医学科 保健学科

大学院医学系研究科

修士課程

医科学専攻
保健学専攻

大学院総合医理工学研究科

博士課程

医学系専攻
生命医工学専攻

入試情報を見る
  • 信州大学医学教育センター
  • 信州大学卒臨床研修センター
  • 信大医学部附属病院
  • 医学部地域保健推進センター
  • 臨床研究審査委員会/医倫理委員会/遺伝子解析倫理委員会
  • 研究者総覧SOAR
  • 医学部附属施設・関連団体
  • 信州医学雑誌