信州大学HOME

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 医学系研究科発生再生医学(2012年~循環病態学講座)の小山晃英さんが第17回日本血管生物医学会でYoung Investigator Awardを受賞 

トピックス

医学系研究科発生再生医学(2012年~循環病態学講座)の小山晃英さんが第17回日本血管生物医学会でYoung Investigator Awardを受賞 

2009年10月16日 [受賞]




第17回日本血管生物医学会が10月8日・9日の両日、東京大学の安田講堂で開催されました。
信州大学からは、医学系研究科、臓器発生制御医学講座発生再生医学分野、博士課程一年の小山晃英さんの演題発表があり、選考の結果、本年度のYoung Investigator Awardを受賞しました。本学会の受賞としては、最年少での受賞となります。
受賞対象となった発表演題は「アドレノメデュリン‐RAMP2システムによる血管・リンパ管新生と恒常性維持機構の解明」です。この発表は、アドレノメデュリンという生理活性分子の活性調節タンパクであるRAMP2の、血管・リンパ管の恒常性維持メカニズムについての研究です。今後研究が進めば、血管・リンパ管再生や循環器疾患の治療法開発に大きな期待が寄せられます。

 一覧に戻る 

  • お知らせ一覧
  • イベント公開講座一覧
  • トピックス一覧
    カテゴリ別
    月別でみる
    RSSを取得する
    RSSフィード
医学科 保健学科

大学院医学系研究科

修士課程

医科学専攻
保健学専攻

大学院総合医理工学研究科

博士課程

医学系専攻
生命医工学専攻

入試情報を見る

国際交流・留学

医学科
保健学科

  • 信州大学医学教育センター
  • 信州大学卒臨床研修センター
  • 信大医学部附属病院
  • 医学部地域保健推進センター
  • 臨床研究審査委員会/医倫理委員会/遺伝子解析倫理委員会
  • 研究者総覧SOAR
  • 医学部附属施設・関連団体
  • 信州医学雑誌