イベント

レポート

第7回多文化交流サロン「南インドの水郷地帯で考えたこと―あるヨーロッパ人民族誌家が見たインドの宗教儀礼」のお知らせ

2018年10月30日開催

2018年10月22日更新

イベント概要

The Backwater Dream: A European ethnographer in the land of Vedice experrts (南インドの水郷地帯で考えたこと―あるヨーロッパ人民族誌家が見たインドの宗教儀礼)

以下の通り,第7回多文化交流サロンを開催いたします。

講師:Cezary Galewicz(チェザリ・ガレヴィッチ) ポーランド・クラコフ大学教授(専門:インド文化・儀礼研究)
主催:信州大学人文学部国際交流委員会

今回のサロンでは,ヴェーダ聖典と現代まで続くその伝統の研究で著名なチェザレ・ガレヴィッチ先生をお迎えして,先生が記録された貴重なインドの宗教儀礼の映像や写真とその解説を行っていただきます。美しい南インドの水郷地帯での長年にわたるフィールドワークの成果を,分かりやすくお話いただく予定です。日本ではなかなか触れることのできない南インド文化を体験することのできる貴重な機会です。みなさまのご来訪をお待ちしております。

※講演は英語で行われますが,部分的に通訳いたします。

開催日 2018年10月30日
時間 18:00 - 19:30
会場 信州大学人文学部 人文ホール
参加料金 無料

補足情報

お問い合わせ:信州大学人文学部 護山真也(人文学部・哲学・思想論分野教員)
E-mail: smoriyam[at]shinshu-u.ac.jp ([at]をアットマークに変換してください)

トップページ イベント 第7回多文化交流サロン「南インドの水郷地帯で考えたこと―あるヨーロッパ人民族誌家が見たインドの宗教儀礼」のお知らせ

ページの先頭へもどる