Facebook

大学院総合理工学研究科 農学専攻の田中瑞豊さんが第78回日本栄養・食糧学会大会において学生優秀発表賞を受賞

研究

令和6年5月25~26日に中村学園大学で開催された第78回日本栄養・食糧学会大会において、食品化学研究室の田中瑞豊さん(修士1年)が「学生優秀発表賞」を受賞しました。この賞は、将来、日本栄養・食糧学会を担うこととなる大学院生の優れた研究発表を奨励することを目的としており、特に優秀な発表に対して授与されるものです。
本研究は納豆摂取後にラットの血液中に検出される代謝化合物に焦点を当て、納豆由来ジペプチドの認知機能改善作用をスコポラミン誘発健忘症モデルマウスを用いて検証し、構造活性相関を明らかにした点が評価されました。

受賞演題は以下の通りです。
「納豆摂取後に血中に移行するジペプチドの認知機能改善作用の検証」

〇田中瑞豊¹、鄭屹峰²、後閑俊哉³、西川宗伸³、片山茂1,2
(¹信州大院農、²信州大バイオメディカル研究所、³タカノフーズ(株))

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a