お知らせ

≪ 前のページへ  | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 | 

【報告】Samuel M. Hudson先生の授業を開講しました。

2015年07月27日


7月6日(月)から7月17日(金)の間、アメリカ ノースカロライナ州立大学のSamuel M. Hudson先生が3大学に滞在し講義を行いました。Hudson先生は色彩染色科学を専門とし、機能性有機高分子および高分子新素材の分野で活躍されています。

最初の1週間は信州大学に滞在し、その後の1週間で京都と福井に滞在しました。最初の2講義分は信州大学から福井大学、京都工芸繊維大学にテレビ配信を行いました。

講義中、Hudson先生は丁寧な英語でゆっくりと説明してくださいました。コース生は、講義以外の時間にも昼食会や研究室訪問の時間を通して積極的にコミュニケーションをとり、先生との交流を深めることができたようです。
 
Open seminar in Shinshu.JPG
講演会の様子(信州大学)

Lecture in Shinshu.JPG
講義の様子(信州大学)

Student of Shinshu.JPG
先生と学生たち(信州大学)

lecture in Fukui 2.JPG
講義の様子(福井大学)

Student of Fukui.JPG
先生と学生たち(福井大学)

lecture in KIT.JPG
講義の様子(京都工芸繊維大学)

lecture2 in KIT.JPG
講義の様子(京都工芸繊維大学)


【報告】Xungai Wang先生の授業を開講しました。

2015年05月28日


平成27年度のコース生も決まり、いよいよ講義がスタートです。
まずは5月18日(月)から22日(金)の間、オーストラリア ディーキン大学のXungai Wang先生がに滞在し講義を行いました。

今回は全ての講義において、京都工芸繊維大学から信州大学・福井大学にテレビ配信を行いました。Wang先生は「SILK」「WOOL」「CASHMERE」など、1コマの講義につき1つのトピックを取り上げるという形で、それぞれの素材の特性について分かりやすく解説してくださいました。

ほとんどのコース生にとっては初めての英語授業だったため、始めは不慣れな様子でしたが、
最終日にはとても活発に質疑応答などもなされていました。

HP用写真1.JPG
講義をされるWang先生

HP用写真2.JPG
テレビ会議システムを使用した講義の様子

HP用写真3.jpg
テレビ受講のコース生たちも一緒に記念撮影!


【報告】3大学合同コース生座談会

2015年05月18日


5月13日、信州大学、福井大学、京都工芸繊維大学のコース生(M1,M2)約30名が集まり、
テレビ会議システムを使った顔合わせを行いました。

大学ごとにM2コース生、続いてM1コース生のそれぞれに自己紹介、研究内容、好きな事など、自由に話してもらいました。M2コース生からはM1コース生に向けて、自身の経験を踏まえたメッセージが伝えられ、「大変だけど、一つ一つを楽しんでください!」とのアドバイスがありました。一方、M1コース生からは、アカデミックインターンシップでの交流を楽しみにしているとの声がたくさん聞かれました。


写真1.jpg
座談会の様子 (左から福井大学、京都工芸繊維大学、信州大学)


写真3.jpg
座談会の様子 (信州大学)

写真4.jpg
座談会の様子 (信州大学)

写真2.JPG
座談会の様子 (信州大学)

DSC01152.JPG
座談会の様子 (福井大学)


【報告】新コース生顔合わせを行いました(信州大学)

2015年04月21日


H27年度のコース生(信州大学)に決まった6名が集まり、顔合わせを兼ね、プログラムコーディネーターの塚田特任教授やコース事務局担当者から履修について説明を受けました。

 DSC01926.JPG

今年度は、男子2名、女子4名のコース生が選考され、一人ひとり自己紹介を行いました。

DSC01929.JPG

コースの履修は大変ではありますが、楽しい事もたくさん待っています。
2年間一緒にがんばりましょう!!


【報告】第1期生がコースを修了しました。

2015年03月26日


繊維・ファイバー工学コースの第1期生であるH25年度コース生14名が、無事コースを修了し、

各大学ごと、修了証を受け取りました。

4月からは新社会人として、新たなスタートに立つ皆さん。

コースで培った経験を生かし、会社の星を目指してがんばってください!

IMG_8773.JPG

信州大学のコース修了生

福井大学_集合写真2.jpg

福井大学のコース修了生

 

KIT集合写真.jpg
京都工芸繊維大学のコース修了生。M1コース生からもらった色紙を手に。

 

【報告】海外アカデミックインターンシップ報告会

2015年03月24日


3月20日(金)、連携する3つの大学(信州・福井・京都工繊)をテレビ会議システムで繋ぎ、

「海外アカデミックインターンシップ報告会」を行いました。

2週間~1ヵ月間を海外で勉強したM2コース生5名が、渡航前の準備や研究内容・その成果、

英語でのコミュニケーションの重要さについてそれぞれ発表しました。

報告会2.jpg

報告会1.jpg

報告会3.jpg

【お知らせ】27年度大学院新入生のみなさんへ:募集要項ダウンロード

2015年02月12日


平成27年度の「繊維・ファイバー工学コース」募集要項をホームページに掲載しました。

各大学の募集日程を確認していただき、コース履修を希望する方はこちらから自大学の募集要項と志望調書をダウンロードし、ご利用ください。

27年度も充実したカリキュラムでみなさんをお迎えする予定です!!

信州大学・福井大学・京都工芸繊維大学の学生と、大学の枠を超えた交流をしてみませんか?


P1050055-2.jpg

H26.9 繊維系合同研修@琵琶湖

26年度コース生(M1)&TAとして参加した25年度コース生(M2)


【報告】M. Anouar Jamali先生の授業を開講しました。

2015年02月10日


1月26日(月)から2月6日(金)の間、モロッコ ESITHのM. Anouar Jamali先生が3大学に滞在し講義を行いました。先生はサプライチェーンマネージメントの分野で活躍されております。コース生は演習やケーススタディの時間に、先生と積極的にディスカッションを行うことができ、英語でのプレゼンテーションも行いました。

Jamali先生の滞在は2週間と短かったので、最初の1週間は信州大学に滞在し、その後1週間で京都と福井に滞在しました。そのため、最初の4講義分は信州大学から福井大学、京都工芸繊維大学にテレビ配信を行いましたが、やはり直接先生の話を聞き、ディスカッションすることで、より理解が深まるようです。

 

テレビ配信.JPG

3大学をテレビ中継でつなぎ、講義を行いました。

信大1.JPG

講演会での様子(信州大学)

信大2.JPG

 

KIT2.JPG

講義の様子(京都工芸繊維大学) 

KIT1.JPG


福井1.JPG

講義の様子(福井大学)

福井2.JPG

 

【報告】繊維基礎科学(e-learning)期末テストを実施しました。

2015年02月05日


2月4日(水)3大学をテレビ会議システムで接続し、3大学同時に繊維基礎科学(e-learning)の期末テストを

実施しました。

繊維基礎科学期末テスト.JPG

繊維基礎科学(e-learning)はノースカロライナ州立大学(アメリカ)が開発教材を使用し、

繊維科学の基礎について学ぶ教科です。

コース生には専用のIDとパスワードが設定されており、好きな時間にログインして自分のペースで

学習を進めることが可能です。

【報告】学生が選ぶポスター賞受賞

2015年01月30日


昨年9月に行われたISF2014に、繊維・ファイバー工学コースのM2コース生の全員が

ポスター発表または口頭発表に参加しました。そして、本番を前にM1・M2コース生が全員集まり、

リハーサルを兼ねて発表を行い、そこで「コース生が決めるポスター賞」と題し、誰が一番よい発表をしたか投票を行いました。

その結果、京都工芸繊維大学の福原雄大君の発表「Reduction of Hair Damage Due to Ultraviolet Light

by Dyeing and Treating of Hair with Flavonoids」が1位を獲得しました。

賞状を持つ福原君。おめでとうございます!

福原くん1.jpg

福原君2.jpg


ポスター発表会場.jpg

福原君を中心にコース生全員で写真撮影!
集合写真.jpg

 

≪ 前のページへ  | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 | 


このページのトップへ