信州大学HOME

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. Erasmus+プログラム交換留学生(ドイツ協定校)による報告会が開催されました

トピックス

Erasmus+プログラム交換留学生(ドイツ協定校)による報告会が開催されました

2018年03月09日 [報告][研究]

 

信州大学医学部は3月5日に、ドイツ ドレスデン工科大学(TUD)からのErasmus+(エラスムスプラス)プログラムによる初めての受入留学生による研究報告会を開催しました。

TUDと本学部では、学部間協定に基づき、European Commission(欧州委員会)のErasmus+プログラムの助成金を得て年間2名の学生派遣・受入を行っています。

田中榮司医学部長、多田剛医学教育研修センター長、樋口京一国際交流推進室長をはじめとした関係者が参加した報告会では、ドレスデン工科大学からの1人目の留学生であるTheresa Herrmannさん(研修期間:2017年11月28日~2018年3月16日)が、代謝制御学教室 田中直樹准教授及び青山俊文教授の指導のもとで行った研究内容と、信州での学生生活について報告しました。

発表後の質疑応答では、研究内容について参加者から活発に質問・意見等が出され、それに答えるTheresaさんの様子からも、充実した研究、留学生活であったことがうかがえました。

本研究プロジェクトは、同大学からの2人目の留学生であるMiriam Eichholzさんが引き継ぐ予定で、Theresaさん、Miriamさんともに、TUDと信州大学医学部の交流発展に寄与したいと述べました。

 


 


 一覧に戻る 

  • お知らせ一覧
  • イベント公開講座一覧
  • トピックス一覧
    カテゴリ別
    月別でみる
    RSSを取得する
    RSSフィード
医学科 保健学科

大学院医学系研究科

修士課程

医科学専攻
保健学専攻

大学院総合医理工学研究科

博士課程

医学系専攻
生命医工学専攻

入試情報を見る
  • 信州大学医学教育センター
  • 信州大学卒臨床研修センター
  • 信大医学部附属病院
  • 医学部地域保健推進センター
  • 医倫理委員会/遺伝子解析倫理委員会
  • 研究者総覧SOAR
  • 医学部附属施設・関連団体
  • 信州医学雑誌