研究

はじめに

当薬剤部には、基礎研究および医療薬学研究の核となる研究部門として研究室があり、薬剤部員および研究室員が日夜研究に励んでいます。また、当研究室は大学院総合医理工学研究科医学系専攻の分子薬理学(臨床薬理学)教室としても開講されており、多くの大学院生を受け入れています。
私たちは、基礎研究、臨床研究、調査・疫学研究に取り組んでいます。医療は日々進歩していますが、胎児や脳などの薬物動態や異物応答機能については多くが未解明のままです。また、薬剤師なら誰もが知っている副作用や相互作用でも、原因や機序が不明のものが数多く存在します。私たちはそのような難問に取り組み解明していくことによって、質の高い医療・医薬品情報の提供と患者さんのQOLの向上に寄与することを目指しています。

基礎研究

● 薬物間相互作用に関する研究

医薬品の中には、薬物間相互作用を引き起こすことが分かっていても機序が明らかにされていないものが数多く知られています。また、ソリブジンと5-FUの様に、薬物間相互作用が引き金となって重篤な副作用を発現し死亡する例も知られています。したがって、薬物間相互作用の機序を明らかにすることは、医薬品をより適正に使用していくためにとても重要な課題です。私たちは、これまで知られている相互作用から最近問題となった相互作用まで幅広く情報を収集・解析し、機序解明のための研究に取り組んでいます。

主な業績
○朝倉充俊,山折 大:医薬品副作用データベース(JADER)を用いた、DPP-4阻害薬による肝障害発症リスクの評価とビルダグリプチンによる肝障害に影響を及ぼす併用薬の解析.くすりと糖尿病.(in press)
○Watanabe H, Yamaori S, Kamijo S, Aikawa K, Ohmori S: In vitro inhibitory effects of sesamin on CYP4F2 activity. Biol Pharm Bull. 43: 688-692, 2020.
○Matsuo J, Yamaori S, Murai K, Mimura A, Ohmori S: Detecting coadministered drugs that affect the incidence of long QT syndrome associated with fluoroquinolone antibiotics using a spontaneous reporting system. J Pharmacovigil. 8: 1-8, 2020.
○Mimura A, Yamaori S, Ikemura N, Katsuyama Y, Matsuzawa N, Ohmori S: Influence of azole antifungal drugs on blood tacrolimus levels after switching from intravenous tacrolimus to once-daily modified release tacrolimus in patients receiving allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. J Clin Pharm Ther. 44: 565-571, 2019.
○ Ikemura N, Yamaori S, Kobayashi C, Kamijo S, Murayama N, Yamazaki H, Ohmori S: Inhibitory effects of antihypertensive drugs on human cytochrome P450 2J2 activity: potent inhibition by azelnidipine and manidipine. Chem Biol Interact. 306: 1-9, 2019.
○ Yamaori S, Takami K, Shiozawa A, Sakuyama K, Matsuzawa N, Ohmori S: In vitro inhibition of CYP2C9-mediated warfarin 7-hydroxylation by iguratimod: possible mechanism of iguratimod-warfarin interaction. Biol Pharm Bull. 38: 441-447, 2015.

臨床研究

私たちは、医薬品の有効性や安全性の確保、また適正使用の推進を目的として、臨床研究を院内外の施設と協力して行っています。

○ 双極性障害患者のラモトリギン血中濃度に影響を与える因子の解析
○ 造血器腫瘍治療薬の臨床効果および副作用に薬物代謝酵素の遺伝子多型が与える影響
○ 多発性骨髄腫治療薬の副作用の発現に薬物代謝酵素の遺伝子多型が与える影響

主な業績
○ 寺澤美穂,山折 大,勝山善彦,二村 緑,久富由里子,田中 章,荻原朋美,萩原徹也,杉山暢宏,鷲塚伸介,大森 栄:双極性障害患者のラモトリギン血中濃度に影響を与える因子の解析.医療薬学.43;362-372,2017.
○ Matsuzawa N, Nakamura K, Matsuda M, Ishida F, Ohmori S: Influence of cytochrome P450 2C19 gene variations on pharmacokinetic parameters of thalidomide in Japanese patients. Biol Pharm Bull. 35: 317-320, 2012.

調査・疫学研究

私たちは、調査・疫学研究を通して、日々の業務の中で疑問に思ったことや改善した方が良いと考える課題に取り組んだり、また新規業務の展開による薬剤師の貢献度の把握などに努めています。

〇小児患者におけるテイコプラニンの副作用発現に影響を与える因子の検討
患者様へ
〇婦人科悪性腫瘍腹部手術後に使用する大建中湯およびエノキサパリンが肝機能に与える影響
患者様へ
〇デフォルト用法設定による疑義照会件数の変化の検討
患者様へ
〇内視鏡検査後のミダゾラムの副作用に対する併用薬の影響
患者様へ
○多発性骨髄腫におけるダラツムマブ初回投与時のinfusion reaction発現リスクに関する後方視的調査研究
患者様へ
○妊娠と薬外来における授乳と薬に関するカウンセリングが母親の母乳育児選択に与える影響
患者様へ
○ 小児造血幹細胞移植患者におけるタクロリムスによる低マグネシウム血症の関連因子解析
患者様へ
○小児患者におけるテイコプラニンの高用量負荷投与による有効性と安全性の評価および血中濃度に与える影響因子の検討
患者様へ
○ 医薬品副作用データベースを用いたビルダグリプチンの肝障害危険因子の解明
○ SGLT2阻害薬の血糖降下作用に影響する因子の探索
○ NSAIDsを含有する消炎鎮痛貼付剤の添付文書における妊婦関連記載内容の実態調査
○ 長野県内の病院薬剤師を対象とした医薬品副作用被害救済制度の認識実態調査
○ 薬剤師による手術部での常駐業務に関するアンケート調査

主な業績
○朝倉充俊,山折 大:医薬品副作用データベース(JADER)を用いた、DPP-4阻害薬による肝障害発症リスクの評価とビルダグリプチンによる肝障害に影響を及ぼす併用薬の解析.くすりと糖尿病.(in press)
○小澤秀介,伊藤貴穂,清水佳一郎,村井健太郎,山折 大,大森 栄:非ステロイド性抗炎症薬を含有する消炎鎮痛貼付剤の添付文書における妊婦関連記載内容および医薬品副作用データベースに基づく胎児動脈管収縮関連副作用報告の実態調査.日病薬誌.56;91-96,2020.
○ Mimura A, Yamaori S, Ikemura N, Katsuyama Y, Matsuzawa N, Ohmori S: Influence of azole antifungal drugs on blood tacrolimus levels after switching from intravenous tacrolimus to once-daily modified release tacrolimus in patients receiving allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. J Clin Pharm Ther. 44: 565-571, 2019.
○ 橋本麻衣子,瀬角りほ,三村 享,春日恵理子,松本 剛,本田孝行,濱本知之,山折 大,大森 栄:基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生Escherichia coliを原因菌とする尿路感染症リスク因子の探索.日化療会誌.66;749-757,2018.
○ 土屋広行,新井亮輔,清水佳一郎,塩澤彩香,神田博仁,山折 大,大森 栄:院内処方せんへの臨床検査値表記が疑義照会に与える影響.医療薬学.41;244-253,2015.

ページトップへ戻る