教員紹介

つじ りゅうへい

辻 竜平

社会学 教授

教員 BLOG

一覧を見る
5.雑文等

着任のご挨拶

2008年10月より、人文学部に社会学の担当教員として参りました。
私は、社会学の中でも、社会ネットワーク分析を専門としています。地域社会やインターネットなど、われわれは、さまざまなネットワークに囲まれています。私は、それらのネットワークが、個人や社会にどのような影響をもたらすかについて研究しています。
社会ネットワーク分析は、1つの方法論(モノの見方)であり、研究の対象は特に限定されません。私自身は、都市-村落のネットワーク比較、信頼関係の ネットワークと協同、日本人の知人数推定、温泉地の活性化、流行の伝播、日本人の自己卑下傾向のネットワーク論的説明、などの研究を手がけてきました。し かし中でも最近は、新潟県中越地震からのコミュニティ・ネットワークの復旧・復興過程を追うとともに、人々の他者への信頼感の変化について研究してきまし た。
近年、社会ネットワークだけでなく、ネットワーク一般に関する研究が理工系の研究者の中で大きな脚光を浴びています。特に、ダンカン・ワッツという物理 学者の研究に端を発したスモールワールド研究や、複雑ネットワークの研究が盛んです。私自身も、それらの研究者と交流して刺激を受けながら研究しています (ちんぷんかんぷんなところもありますが)。
信州大学では、地域社会のネットワークと地域パフォーマンスの向上に関する研究を進めていきたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

トップページ 教員紹介 辻 竜平 ブログ 着任のご挨拶

ページの先頭へもどる